パーソナルデータ+α研究会シンポジウム「AI社会における『個人』とパーソナルデータ」

このセミナーは終了いたしました。
番号
POTS0000034
タイトル パーソナルデータ+α研究会シンポジウム「AI社会における『個人』とパーソナルデータ」
近代とシンギュラリティのあいだで?
開催日程 2018年3月18日(日)13:00~17:00 (受付開始 12:30)
開催場所 放送大学 東京文京学習センター 多目的講義室
(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
https://www.sc.ouj.ac.jp/center/bunkyo/about/access.html
対象者 どなたでもご参加いただけます。
開催趣旨  パーソナルデータ+α研究会は、2016年5月より個人情報保護法制の近未来を考える上で重要な課題を分野横断的に、原理にまで遡りながら検討を続けてまいりました。その活動の一部は、NBL1100号で紹介されています。
 こうした議論をさらに「開き」、より多くの方々と情報技術の進展を踏まえた制度のあり方について検討するために、下記の通りシンポジウムを開催する運びとなりました。今回は、「AI社会における『個人』とパーソナルデータ」をテーマとして、中川裕志先生(東京大学教授)、樋口陽一先生(東京大学名誉教授)をはじめ、さまざまな分野で活躍されている研究者・実務家の皆様にご登壇いただきます。
主要講義項目 【プログラム】※敬称略。詳細は決まり次第お知らせいたします。
■ 開会の挨拶

■ 第1セッション
 ○ 中川 裕志(東京大学教授)「人工知能の社会への影響と開発倫理指針」
 ○ 樋口 陽一(東京大学名誉教授)発言予定

■ 第2セッション
 生貝 直人(東京大学客員准教授)
 「AI社会における個人とデータポータビリティの権利」
 要旨与信や医療、労働や学業をはじめとする全ての社会的・経済的局面で、発展するプロファイリング技術により人が「データ」として評価・管理されるAI社会において、個人は、自らのデータに対する主体的なコントロール能力をどこまで、いかなる形で有するべきだろうか。EUではGDPR第20条等において導入され、我が国でも昨年頃から議論の対象となり始めた「データポータビリティ」の権利は、その意味と限界を考察するための豊かな素材を提供する。
本報告では、データポータビリティに関わる国内外の制度動向を紹介した上で、AI社会における個人の自律性とデータ主導経済の成長を両立するデータポータビリティの在り方と、それを実現する法政策アプローチの選択肢について論じる。


 成原  慧(九州大学准教授)
 「AI社会における個人/パーソンとデータの主体」(仮)
 要旨本報告では、AI社会におけるパーソナルデータをめぐる諸問題を検討するための前提として、パーソナルデータの主体となる個人/パーソンのあり方について論じる。AIをはじめとする情報通信技術の発展を見据え、個人/パーソンのあり方をいかに構想し、再構築していくべきなのか。プライバシーや個人情報保護に関連する日米欧の法制度、判例、学説を手がかりに、AI社会の個人/パーソンのあり方とデータとの関わり方の素描を試みたい。

 工藤 郁子(マカイラ株式会社上席研究員)
 「AI社会における『個人』と自律」
 要旨プライバシーを自己管理することはもはや限界ではないかと指摘されて久しい。また、プライバシーよりも治安を優先させたかに見える情報圏も台頭しつつある。さらに、AIの普及によって近代的「個人」観が維持できなくなるとの見解も存在する。
本報告では、一定程度自律的なAIに、権利義務・責任・法人格などを認めるべきという議論や諸外国の政策動向を紹介しつつ、法(学)が「自律」という擬制を自覚した上で対応してきたことを指摘し、これまでの「個人」像を維持した場合と維持しない場合に何が起きうるかについて検討する。


 司会:小林 史明(明治大学専任講師)

■ パネルセッション
 ○ 大屋 雄裕(慶應義塾大学教授)
 ○ 中西 崇文(国際大学GLOCOM准教授/主任研究員)
 ○ 山本 龍彦(慶應義塾大学教授)
 ○ 石井夏生利(筑波大学准教授)

■ 閉会の挨拶
講師
中川 裕志(東京大学教授) 樋口 陽一(東京大学名誉教授) 生貝 直人(東京大学客員准教授) 成原  慧(九州大学准教授) 小林 史明(明治大学専任講師) 工藤 郁子(マカイラ株式会社上席研究員) 大屋 雄裕(慶應義塾大学教授) 山本 龍彦(慶應義塾大学教授) 中西 崇文(国際大学GLOCOM准教授/主任研究員) 石井夏生利(筑波大学准教授)
定員 200 名
このセミナーは終了いたしました。

サイト内検索