ランキング 詳細
法務省の立案担当者による民法(債権関係)改正の解説書 2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が、(一部を除き)2020年4月1日から施行される。1896年の民法制定以来、約120年ぶりとなる民法(債権関係)改正の全容を、法務省の立案担当者が一問一答形式で明らかにする。取引社会を基礎から支える契約に関する規定を見直すとともに、国民一般に分かりやすいよう実務上のルールを明文化した今回の改正の経緯・趣旨・実務への影響を示す、すべての実務家必携の一冊。
» 続きを読む
民法等(相続法)改正と遺言書保管法の趣旨・内容につき、立案担当者が解説 平成30年7月に成立した民法等(相続法)の改正法及び遺言書保管法により、これまでの相続法制が大きく見直されるとともに、自筆証書遺言に係る遺言書保管制度が新設されることとなった。国民生活に大きな影響を与えうる「新しい相続法」の全体像について、立案担当者が一問一答形式で明らかにする。
» 続きを読む
平成26年改正会社法および2月に公布された商業登記規則等の改正を踏まえ、大幅改正。新取締役の登記など実務に欠かせない実務指針。
» 続きを読む
債権法改正の施行を目前に控え、必要とされる各種契約書の見直し実務を解説 債権法改正に伴い、どの契約類型のどの条項、文言を変更する必要があるのか。変更する場合、当事者は契約の趣旨を反映すべくどのような条項・文言を希求すべきか。最新の学説・文献を踏まえ解説。売買、請負、賃貸借から合弁、フランチャイズ、秘密保持契約等々、類型別に契約書サンプルを多数収録。
» 続きを読む
5
  • 2018.03/19
  • 民法
平成29年改正民法の要点を、研究者が改正の議論を踏まえてわかりやすく解説。 平成29年改正民法の意義・制度趣旨・解釈論をテーマごとにわかりやすく解説する。研究者が、改正の背景・趣旨、改正過程の議論を整理し、施行によって何が変わるのかについて、今後の展望も踏まえて言及する。
» 続きを読む
立案担当者が法改正の趣旨・内容をわかりやすく解説する 令和元年会社法改正(株主総会に関する規律、取締役等に関する規律、社債の管理等に関する規律の見直し)の法律の概要を立案担当者がまとめた決定版。
» 続きを読む
7
  • 2017.11/03
  • 民法
民法(債権関係)改正案が2017年5月26日に国会を通過し、6月に公布され、その後3年以内に施行される。今回の改正によってリニューアルされたのは民法典の契約法の部分であり、国民生活においても大きな影響を受けることになる。本書は、法制審議会のメンバーであった執筆者4名が、法案について各所で行ってきた講演内容を基礎として、改正法の簡潔な解説書としてまとめた1冊である。
» 続きを読む
全訂第3版は、平成27年5月1日施行の改正会社法をはじめ、前著(全訂第2版)が刊行されてから今日に至るまでの5年間の状況・変化をふまえ全体を改訂。これまで同様に取締役の機能・役割の基本事項をできるだけ網羅し解説。取締役がさまざまな法規制のポイントをより効率的に理解できるよう第6章「取締役とコンプライアンス」の記述をコンパクトなスタイルにあらため、内容もアップデート。指名委員会等設置会社および監査等委員会設置会社における監査委員(取締役)の機能・役割についても適宜解説を加えた。
» 続きを読む
基本法の基礎知識・能力を身につける法学学習のスタートに最適。 2020年11月実施予定の法学検定試験問題集。基本科目の基本的論点を学習できるように編集されており、各科目の全般にわたる基礎知識・能力を無理なく身につけることができるため、受験者以外にとっても利用価値大。法学入門、憲法、民法、刑法の4科目を収録。法学の初学者が知っておくべき基礎的な知識レベル。
» 続きを読む
令和元年改正会社法と登記手続実務の変更を踏まえた改訂版 令和元年改正会社法は登記実務においても相当の影響を与える。また、登記手続においても、登記申請書への法人名の振り仮名の記載、会社の設立登記のファストトラック化、マイナポータル経由の法人設立ワンストップサービスなど多くの施策が実施されている。これらの改正を踏まえた実務家必携の書。
» 続きを読む
株主総会で予想される質問に対し、法制度や実務に基づいた回答例を提示 刊行後30年以上にわたり愛読されている株主総会準備書籍の決定版。総会実務について、法制度・実務に則した解説と、総会本番での想定問答を収録している。2020年版は、SDGs対応や上場子会社の問題、会社法改正を見越した対応等、最近の企業をめぐる諸問題に対応した想定問答を追加。
» 続きを読む
12
  • 2016.08/24
  • 会社法
会社法の実務上の疑問に、最先端の実務家が豊富な経験に基づき理論面も踏まえて回答。会社の設立、株主総会、M&A等を中心に全87問を掲載。コーポレートガバナンス・コードにも対応。
» 続きを読む
厳選した重要なテーマについて、実務と理論の両面からわかりやすく解説する 契約の成立(定型約款等)、債権債務関係(保証、消滅時効、解除・危険負担・債務不履行等)、各種契約(売買、請負、賃貸借等)にテーマを分け、法制審議会民法(債権関係)部会で改正要綱案策定にも携わった鎌田薫・内田貴の両氏が、実務の最前線で活躍する弁護士の解説を理論面から手厚くフォローする。
» 続きを読む
改正された新しい民法の条文と現行(改正前)民法の条文とを対照してまとめた。約120年ぶりの民法大改正の全容を明らかとなる、弁護士・実務家・研究者・学生必携の1冊。
» 続きを読む
15
商法(運送・海商関係)改正の趣旨・内容について、立案担当者が解説する 平成30年5月に成立した「商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律」は、運送・海商関係の規定を119年ぶりに全面的に見直すものである。多岐にわたる改正の趣旨・内容につき、立案担当者が一問一答形式で解説する。条文の実質的な対応関係を示す新旧対照表を収載した、実務家必携の一冊。
» 続きを読む
経営のパートナー&ガーディアンである法務部門。現危機下で何をすべきか。 新型コロナ危機に直面する企業法務部門は、現在どのように行動しているだろうか。また、将来にわたって何を模索するべきだろうか。1,300社が集う企業法務団体である経営法友会、その会員企業の英知を結集。全国の法務部門担当者必読!
» 続きを読む
判例を基礎に事例解決の思考プロセスを平易に示す演習書、民法債権編。 法学部の3・4年生から法科大学院生まで広く使える自学自習用演習書の民法債権編。債権法改正に対応し全面的に改訂した最新版。具体的な事案を題材に判例と学説を整理し、「基本的な知識の習得」と「実践的な応用力の育成」を目指す。関連問題・発展問題も充実。
» 続きを読む
18
  • 2017.06/23
  • 会社法
学生・社会人を問わず、会社法を基礎から学ぼうとする人向けの基本書。金融商品取引法の制度との関係も織り込み、会社法の基礎を通読して理解できるように解説。会社法制の全体像の把握に最適。
» 続きを読む
増加を続ける交通関係訴訟の新受件数。交通関係訴訟の実務上、重要と思われる30の論点について、東京地方裁判所民事第27部(交通部)に所属する裁判官等が、裁判例を踏まえ、現在の裁判実務を紹介、解説する。
» 続きを読む
弁護士として活躍し続けるために最初に読む本、登場! 若手弁護士のための所内研修を、わかりやすい話し言葉そのままに書籍化。弁護士として活躍するために知っておくべきノウハウから「仕事の段取り」「営業の仕方」、「やってはいけないこと」など弁護士としての心構えについてまで、惜しみなく紹介。仕事と向き合い直したいすべての弁護士へおくる一冊。
» 続きを読む
該当件数: 47,317 件中 1 - 20
/ 2,366
該当件数: 47,317 件中 1 - 20
/ 2,366



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索