◆SH2783◆企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第62回) 齋藤憲道(2019/09/19)

企業活力を生む経営管理システム

―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―

同志社大学法学部
企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

第3部 直接部門と間接部門(又は、全社)が一体になって行う経営管理

1. 生産・販売・在庫・流通の管理

 企業の生産・販売活動では、①指定された特性・品質の製品を、②指定された時期に、③指定された量だけ、④効率的に生産し、⑤指定された数量の完成品を指定された場所・時期に納入する、という作業が行われる。(多くの場合、これが繰り返し行われる。)

 この①~⑤を確実に行い、かつ、コスト削減と資金の効率的運用を実現するために、常に、材料管理・生産計画・工程管理(機械設備の稼働・作業員の確保・歩留まり管理等)・品質管理(材料・工程・完成品等)・出荷管理等の管理システムが維持・改善される。 

 良品を生産計画通りに生産するためには、製造工程の各作業について標準(組立・検査等の動作・要領、所要時間、手元に必要な材料、等)を定め、その標準に従って作業を行うことが重要である。製品の品質・原価(コスト)・生産所要日数等は、全生産工程の上流にある設計段階で設定すると効果が大きくなるが、そのためには設計部門が、下流で実際の作業を担当する製造・購買・品質管理・生産技術等と事前検討を重ねて標準を実践的にする必要がある。

 材料・仕掛品・完成品等の「在庫」は、生産や販売活動において物品の流れの円滑化や売り損じの回避に寄与するが、保管費用の増加・経時品質劣化(廃棄が必要になる場合もある)・市場販売価格低下・所要資金の増大等を勘案すると、できるだけ少ないのが望ましい。

  1. (注) 在庫リスクを自ら負う見込生産と、発注者の指定納期に合わせて納入する受注生産とでは、管理手法が異なる。

 顧客の手元に届ける商品が、現在、どの段階(製造工程、出荷予定、運送経路等)にあるのかを把握できる管理システムが、生産活動(材料手配を含む)を効率的に行い、かつ、顧客満足度を高めるのに有効であるとして、様々な業界の企業に浸透している。

 この管理を行うのに必要なデータ・情報を次に例示する。

  1. ・ 販売記録(売上、商品・役務の提供、出庫、運送業者引渡し、送付先の受取記録、輸出通関業者引渡し、返品)
  2. ・ 生産・調達・在庫の計画及び実績、関係情報(生産計画・調達計画、自社製造ラインの稼働実績・良品生産実績、部品・材料・仕掛品・完成品の入庫・在庫・出庫・廃棄等の実績)
  3. ・ 商品物流・生産・部材調達・完成品調達のトラブルに関する情報(輸送・保管・生産・部材等調達の中断状況及び復旧見込み、代替路線・代替調達先に関する情報)
  4. ・ 商品トラブルに関する現在・過去の情報(商品に関する事故・不具合・苦情等の情報、原因究明結果と対策)

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索