◆SH2723◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(186・完)コンプライアンス経営のまとめ⑲ 岩倉秀雄(2019/08/20)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(186・完)

―コンプライアンス経営のまとめ⑲―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、日本ミルクコミュニティ(株)の「チーム力強化の取組み」と創業当初の失敗と再建の成功要因についてまとめた。

 日本ミルクコミュニティ(株)の新役員は、組織文化が異なるが故に団結力が弱く経営効率が悪化しやすい合併会社の特性を認識し、独自の組織風土を新たに作るチーム力強化」に取り組んだ。

 具体的には、①人事評価に、「チームへの貢献」項目を設け、チーム貢献の高い者の評価を1ランク上にする、②懇親会の費用を補助する、③チーム力強化アイディアを募集し全社に案内する、④コーチング研修を実施する、⑤自己啓発を補助し、大学に寄付講座を開設する、⑥従業員の意識・組織風土調査を継続し、組織・人事制度の改善に役立てる等である。

 創業時の失敗は、①準備期間不足、②たすき掛け人事と出身会社主義、③組織文化と経営管理手法の違い、④取扱アイテム・取引先・物流ルート・営業拠点・工場の絞り込み不足等によるものであり、構造改革プランの成功は、①経営方針の明示と現場への浸透、②経営と現場の一体感の強化、③給与体系と評価制度の改革による不公平感の払拭、④売上に合う工場、物流・営業拠点の再編、不採算アイテム・取引先の整備、⑤退職者不補充による人員削減、資材・物流・管理等あらゆる費用の削減、収支管理の徹底、⑥チーム力強化の取組み等によるものであった。

 本稿は今回で最終回となることから、筆者の主張のまとめを述べる。

 

【コンプライアンス経営のまとめ⑲:筆者の主張のまとめ】

 筆者は、「組織がコンプライアンス経営を実施するためには、コンプライアンスを組織文化に浸透・定着させる必要がある」という主張を、組織論(特に組織文化論、組織行動論、組織心理学)と実践経験を踏まえ、様々な組織状況を想定して、以下の理論的・実践的考察を行った。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所