◆SH2690◆MTG、中国所在子会社の会計不正で第三者委員会報告書を公表――委員会提言を踏まえ、会社側も再発防止策を策定・公表 (2019/07/25)

MTG、中国所在子会社の会計不正で第三者委員会報告書を公表

――委員会提言を踏まえ、会社側も再発防止策を策定・公表――

 

 美容・健康分野のブランド開発・展開を進めるMTG(本社・愛知県名古屋市、東証マザーズ上場)は7月12日、同社の連結子会社であるMTG上海における不適切な会計処理を巡って設置した第三者委員会から受領した「調査報告書」を公表した。

 前日11日に同社として受領したことを発表、機密情報保護等の措置を施した「公表版」をすみやかに公表する予定であると表明していた。同社では併行して12日、過年度の決算短信等について訂正するとともに過年度の有価証券報告書等の訂正報告書を関東財務局に提出。これに伴って同日、過年度の内部統制報告書についても訂正報告書を提出した。提出遅延となっていた2019年9月期第2四半期報告書についても期日延長後の提出期限となる12日、提出している。

 MTGでは今年5月13日、「当連結子会社における不適切な会計処理の疑義の判明に関するお知らせ」と題して本事案に関する第一報をリリース。中国・上海市所在の連結子会社であるMTG上海において「2019年9月期第2四半期会計期間の特定の取引先2社における売上取引に関し不適切な会計処理の疑義が判明致しました」とするもので、監査人である有限責任監査法人トーマツの審査の過程で当該売上取引の実現性の認識方法について議論となり、現地子会社に赴き追加のレビュー手続の実施を要請されたこと、当該現地での監査人の追加レビュー手続の実施の過程で会計処理の前提としての事実と異なる事象が判明したことを表明したうえで、第三者委員会の設置および調査・原因究明等に関する検討方針を明らかにしていた。

 MTGはその翌日となる5月14日には第三者委員会の設置について発表。同社として「今回、発覚したMTG上海における売上取引行為に係る不正の疑惑及び虚偽説明の事実を重く受け止め、社外の専門家を用いて徹底した調査を行う必要がある」とする考えを示しながら、弁護士を委員長として、公認会計士および大学准教授(元公認会計士)を委員として構成される計3名の第三者委員会を設置することにより全容解明を図るとした。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索