◆SH2677◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(179)コンプライアンス経営のまとめ⑫ 岩倉秀雄(2019/07/19)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(179)

―コンプライアンス経営のまとめ⑫―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、全酪連の組織文化改革運動を総括し改善点をまとめた。

 「チャレンジ『新生・全酪』運動」は、①事件を反省しあるべき組織文化を構築する、②明確な理念と行動規範を作成し、専門農協としてのスタンスを確立する、③組織理念と行動規範を浸透させ、今後組織が発展するための礎とする、ことを目指した。

 運動は、「信頼回復」をテーマとする第1ステージと、「21世紀の全酪連の姿を考える」第2ステージに分け、運動の性格を、「若手管理職グループによって発案された草の根的な運動を組織として承認し、生産者代表の会長が運動のトップに立つ」とした。

 第1ステージは、燃えるような熱い職場討議が行われ、平成9年3月、行動宣言を採択して終了したが、第2ステージ、「組織の未来戦略を作るために公式活動に昇格させ、専門性の高いコア・グループが事務局メンバーになって牽引するべき」との筆者の提案が受け入れられず、運動事務局は総務部門に引き継がれたが、成員のコミットメントが得られず消滅した。

 運動の成果は、①組織の自浄作用が評価され、信頼回復・取引再開に役立った、②職員がやればできるという手ごたえを得た、③組織の結束力が維持された、④全酪連の長所・短所、役割、在り方等を一人ひとりが再確認できた、⑤地域との交流等への参加を通して、組織が社会的存在であることを自覚した等で、反省点は、①階層と部門により運動の理解に濃淡があった、②ゼネラルマネージャーや会長以外の役員の巻き込みが弱かった、③事務局が疲弊した、④革新のエネルギーにつなぐ仕掛けが不足した等、であった。

 組織論的に見た運動の改善点は、第1ステージについては、①全階層を巻き込んだ短期・強力な取組み、②密度の濃い情報交換、③抽象的でない職場討議テーマの選定、第2ステージでは、①第1ステージ終了後、時間をおかずに取り組む、②具体性のあるシンボリックなテーマを設定する、③草の根運動を公式のプロジェクトに昇格させ、専門性の高いコアメンバーを運動に専念させる等、であった。

 また、運動を再開する場合には、創造的ミドルによる進化論的革新ではなく、戦略型トップによる革新、②強力なビジョンの構築、③経営トップ層の強力なコミットメント、④高い専門性を持つコア・グループの設定、⑤変革プロセスの管理等、が重要になると思われた。

 今回から、雪印乳業㈱の食中毒事件と牛肉偽装事件についてまとめる。

 

【コンプライアンス経営のまとめ⑫:食中毒事件と牛肉偽装事件①】

 雪印乳業(株)は、北海道の酪農生産者が創業した酪農協同組合をルーツとする企業であり、北海道開拓に深くかかわり我が国酪農の発展とともに成長した。

 2000年6月発生の雪印乳業食中毒事件、2002年1月発覚の雪印食品牛肉偽装事件により解体的出直しを迫られるまで、長く業界No.1だった。

 筆者は、雪印メグミルク(株)社史編纂室で『日本ミルクコミュニティ史』および雪印乳業(株)最後の社史である『雪印乳業史 第7巻』(どちらも第21回優秀社史賞・特別賞を受賞)を共同執筆し、雪印乳業(株)の歴史と2つの事件について研究するとともに、雪印乳業(株)の創業者である黒澤酉蔵の思想と活動について、「日本酪農の先覚者・黒澤酉蔵の『協同社会主義』と報徳経営」田中宏司ほか編著『二宮尊徳に学ぶ「報徳」の経営』(同友館、2017年)を執筆した。

 雪印乳業(株)グループの事件は、広く社会にコンプライアンスの重要性を認識させた事件であるが、今日でも有名大企業(グループ)によるコンプライアンス違反が頻発していることから、同グループの事件を振り返り、コンプライアンス経営には何が必要かを考えることは重要である。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

 

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索