◆SH2669◆消費者庁、「百貨店等提携クレジットカードに係る役務のポイント還元率の広告表示に係る留意点について」を公表――エムアイカードに対する景品表示法に基づく措置命令に併せて公表(2019/07/17)

消費者庁、「百貨店等提携クレジットカードに係る役務のポイント還元率の広告表示に係る留意点について」を公表

――エムアイカードに対する景品表示法に基づく措置命令に併せて公表――

 

 消費者庁は7月8日、三越伊勢丹グループでカードを発行するエムアイカードに対し、景品表示法に違反する行為があったとして措置命令を行い、これに併せて「百貨店等提携クレジットカードに係る役務のポイント還元率の広告表示に係る留意点について」を公表した。

 これらの概要をみると、まず、消費者庁は7月8日、エムアイカードに対し、同社が供給する「エムアイカードプラスゴールド」と称するクレジットカードに係る役務の表示について、景品表示法に違反する行為(同法5条1号(優良誤認)又は同条2号(有利誤認)に該当)が認められたとして、措置命令を行った。

 消費者庁によると、優良誤認表示については、たとえば、平成31年4月1日から令和元年6月10日までの間、「三越伊勢丹グループ百貨店でのご利用で初年度8%ポイントが貯まります。」等と自社ウェブサイト上で表示するなど、「あたかも、新規に本件役務の提供に係る契約を締結し、かつ、三越伊勢丹グループの百貨店において商品の購入又は役務の提供を受ける際の代金決済に本件役務を利用した場合、入会初年度においては、当該利用額の8パーセント分のポイントが付与されるかのように示す表示」をしていたとされる。ところが実際には、たとえば、「3,000円未満の商品の購入又は役務の提供を受ける際の代金決済に本件役務を利用した場合、当該利用額の1パーセント分のポイントしか付与されない」など、利用額の8パーセント分のポイントが付与されない場合があった。

 なお、前記を表示したウェブページとは別のウェブページにおいて、いわゆる「打消し表示」を行っていたが、「当該表示は、前記の表示から離れた箇所に小さく表示されたハイパーリンクをクリックしなければ表示されない別のウェブページに表示されるものである」こと等から、一般消費者が前記の表示から受ける本件役務の内容に関する認識を打ち消すものではないとされている。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索