◆SH2615◆企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第40回) 齋藤憲道(2019/06/20)

企業活力を生む経営管理システム

―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―

同志社大学法学部
企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

1. 商品企画・開発・設計

(4) 社内の他部門と連携して行う重要な業務(上記以外)

 事業の上流(前工程)の業務を担当する開発・設計等の部門が、次工程以降(製造・販売等)の下流(後工程。市場を含む)において生じる様々な製品に係るトラブルを予測し、その発生可能性を最小に(又は回避)することができれば、その分だけ企業全体の生産性が高くなる。

 このため、前工程と後工程は、日頃から、業務上の情報交換・協議を活発に行うことが望まれる。

  1. ① 製造部門(工場)や品質管理部門と連携
  2. ・ 製造部門と、容易かつ安価に製造(組立、加工、検査)できる構造・部品配置等を検討し、最終設計に反映する。
    例 組み立て難い部分の設計を組み立て易く変更する。複数の部品の組み合わせが必要な個所を1個のモジュール部品にする。付加価値を生まない検査作業を省き、組立工程の作業の中で品質を作り込める設計にする。
  3. ・ 工場における部品・原材料等の受入検査基準を設定し、その経緯を記録する。
  4. ⅰ) 検査項目の決定   例 製品規格・仕様書・設計図の重要チェック項目
  5. ⅱ) 全数検査・抜取検査・無検査の選択   例 全数検査、抜取検査、n=1の検査、無検査
  6. ⅲ)計測方法の決定   例 測定の方法、計測機器、検査員に求める資質(資格等)、限度見本
  7. ・ ソフトウェアのテスト方法(単体テスト、システムテスト<総合テスト>)を選定し、その根拠とテスト結果を記録する。
    (注) 情報システムの多くが複数世代のシステム言語や技術を集積して構築されるため、ソフト供給者(ベンダー)と発注者の間で開発体制・各参加者の作業及び責任の範囲を明らかにし、システムリスクを最小にする。
  8. ・ 品質管理部門と協議して、完成品の工場出荷検査基準(検査項目、検査方法等)、梱包・配送基準を設定し、その経緯及び運用結果を記録する。
    (梱包条件の例)段ボール箱の大きさ・強度、パレットシュリンク選択の可否、断熱材・緩衝材等
    (搬送条件の例)温度、湿度、酸化防止の要否、所要時間(特に、経時劣化する物品の場合)、耐震動等

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索