◆SH2557◆企業法務フロンティア「米国における除草剤による健康被害の製造物責任訴訟のトレンド」 田口洋介(2019/05/24)

企業法務フロンティア
米国における除草剤による健康被害の製造物責任訴訟のトレンド

日比谷パーク法律事務所

弁護士 田 口 洋 介

 

1 農薬会社モンサントの相次ぐ敗訴判決

 米国カリフォルニア州の裁判所が、除草剤「ラウンドアップ」の有効成分「グリホサート」に発癌性物質が含まれていたことを認め、米国ミズーリ州の農薬大手モンサント社に対し、数十億円~数千億円の高額な損害賠償を命じる陪審評決が相次いでいることが農薬業界において大きな話題になっている。

 口火を切ったのはカリフォルニア州の州裁判所における陪審評決である。学校で校庭を管理する業務に従事する原告が、ラウンドアップを継続して使用したことで、癌を発症したとして、設計上の欠陥(design defect)及び警告上の欠陥(failure to warn)等を理由にモンサント社を訴えた。審理の末、2018年8月、陪審員らは、ラウンドアップと癌の発症との間の因果関係を認め、被告モンサント社に対して、懲罰的損害賠償⾦2億5000万ドル(約280億円)を加えた、総額約2億9000万ドル(約320億円)の損害賠償を原告に⽀払うよう命じた。

 その後、今度は、カリフォルニア州の連邦裁判所における訴訟において、被告モンサント社が、ラウンドアップを使用し、癌を発症した原告に対して、約8000万ドル(約88億円)を支払うよう命じる陪審評決が下された。

 また、本年5月13日には、カリフォルニア州の裁判所が、ラウンドアップを長期間使用したことによって癌を発症した夫婦が原告となった訴訟において、被告モンサント社に20億ドル(約2180億円)を超える賠償金を支払う義務があると判断した。報道によると、20億ドルの賠償金額は、製品の欠陥に関連する賠償金額としては8番目の規模となる。

 これにより、モンサント社はラウンドアップの発癌性を巡る訴訟で3連敗となった。モンサント社は、ラウンドアップに発癌性物質が含まれるとする判断に科学的根拠はないとして、いずれの判決に対しても控訴している。

 

2 世界中におけるグリホサートの規制状況及び評決の影響

 グリホサートの発癌性の有無については世界的な論争が巻き起こっている。

 2015年に世界保健機関(WHO)の外部組織である「国際癌研究機関(IARC)」はラウンドアップの主成分であるグリホサートについて「ヒトに対しておそらく発癌性がある」 (“probably carcinogenic to humans.”)と報告し、これに続いて、カリフォルニア州は、グリホサートを州が定める発癌性物質のリストに加えた。

 他方、IARCと同じ国連のFAO/WHOの合同残留農薬専門家会議は2016年5月に「食を通じてグリホサートがヒトに対して発癌性のリスクとなるとは考えにくい」と発表し、欧州⾷品安全機関(EFSA)、欧州化学物質庁(ECHA)及び米環境保護局(EPA)はいずれも「癌を発症させる可能性は低い」あるいは「発癌性との証拠はない」との見解を示している。

 しかし、モンサント社の法的責任を認める評決を受け、英国のホームセンターは、関連商品を店頭から撤去することについて検討を開始することを発表した。フランスでは、マクロン大統領がグリホサートを主原料とした除草剤の販売を3年以内に禁⽌する意向を2017年11月に表明しており、本年1月にフランスの⾏政裁判所は、除草剤「ラウンドアップ・プロ360」の販売許可を取り消す判決を出し、これを受けてフランス政府は即日ラウンドアップに関連する製品を全面的に発売禁止にし、3月にはベトナム政府が米国での評決を受けてグリホサートを含む除草剤の輸入を全面的に禁止するなど、規制強化の動きが世界中で出てきている。

続きはこちらから

企業法務フロンティアのバックナンバーはこちら

 

(たぐち・ようすけ)

日比谷パーク法律事務所 弁護士。幼少期より高校卒業まで米国(ミズーリ州セントルイス)・香港にて通算13年間を過ごす。2009年:早稲田大学社会科学部卒業。2011年:米国ペンシルバニア大学ロースクール修士課程(LL.M.)修了。2013年:早稲田大学法科大学院修了。2014年:弁護士登録。日比谷パーク法律事務所入所。製造物責任訴訟を含む紛争処理案件及びクロスボーダー取引を中心に従事。

日比谷パーク法律事務所 http://www.hibiyapark.net/

所属する弁護士がそれぞれコーポレートガバナンス等の会社法、M&A、特許法・著作権法等の知的財産権法、ファイナンス法、スポーツ法、システム開発を含むデジタル法、紛争処理などの得意分野に精通し、各分野のトップランナーとして「少数精鋭」と呼ばれるにふさわしいリーガル・サービスを提供するブティック型ファーム。

詳しくは、こちらをご覧ください。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索