◆SH2511◆LIXILグループ、代表執行役の異動を巡り調査報告書を公表 (2019/04/26)

LIXILグループ、代表執行役の異動を巡り調査報告書を公表

――ガバナンス充実の観点から調査・検証、株主の要請等を踏まえて全文開示へ――

 

 住宅設備最大手のLIXILグループ(本社事業所:東京都千代田区、東証第一部・名証第一部上場)は4月9日、同社が昨年11月1日付で行ったCEOの交代等を含む代表執行役等の異動を巡り、本件人事異動における一連の経緯および手続の適切性・透明性について第三者の弁護士に委嘱して実施した調査・検証の結果を「受領した調査報告書の全文を開示することが必要であると判断するに至った」として開示、公表した。

 同社では1月31日、「当社代表執行役の異動における一連の経緯及び手続の検証について」と題するプレスリリースを発表。「本件人事異動が、代表執行役やCEO等の交代という当社における最も重要な戦略的意思決定を含むものであることを踏まえ、コーポレートガバナンスの充実の観点から、本件人事異動における一連の経緯および手続の適切性・透明性について、あらためて検証を行うことが必要であると判断し」たとして、その検証を取締役会として第三者の弁護士に委嘱、検証作業が継続中であると明らかにしていた。2月25日には当該調査・検証結果を受領したとし、これを踏まえ、同日開催の取締役会において当該調査・検証結果を要約して公表すること、これを踏まえた今後の対応について決議を行ったとする発表がなされていたものである。

 LIXILグループは、指名委員会等設置会社。指名委員会は取締役5名(うち社外取締役4名、かつ委員長は社外取締役)により構成される。2018年11月1日付の本件人事異動は、10月31日開催の取締役会でCEOの交代等を含む代表執行役の異動を行うことが決議され、また同年10月31日付で、取締役・代表執行役社長を兼任していた前CEO・瀬戸氏がCEOを辞任する旨の辞任届を提出したことにより行われた(取締役・代表執行役社長としては2019年3月末まで留任)。伴って、新CEOには取締役・取締役会議長、代表執行役会長を兼務するかたちで前取締役・取締役会議長、指名委員会委員であった創業家の潮田氏が就任した。

 しかしながら本件取締役会決議後、「本件人事異動に係る意思決定に向けた取締役相互間における意思疎通に必ずしも十分でない面があったことが疑われ、一部の取締役から、本件取締役会決議の有効性や本件人事異動における一連の経緯及び手続の適切性・透明性について、あらためて調査・検証を行うことが必要であるとの意見が表明された」ため、同社取締役会は11月27日付で本件調査を第三者の弁護士に委嘱することにしたという。当初は同社監査委員会委員長の発案により監査委員会が主体となり、 大手法律事務所所属の2弁護士を調査補助者として選任したうえで開始された本件調査については、1月28日開催の取締役会でその結果に関する報告を受けたものの、一部の取締役からの指摘も考慮。さらに追加調査・検証の必要があると判断し、あらためて取締役会から同弁護士らに対して追加調査・検証を行うことを委嘱、2月25日開催の取締役会で最終報告を受けるに至っていた。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索