◆SH2488◆企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第25回) 齋藤憲道(2019/04/18)

企業活力を生む経営管理システム

―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―

同志社大学法学部
企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

1.「製品規格」の仕組みを各種の管理の軸にする

(1)「製品規格」には「製品試験」と「品質管理体制審査」の2つの試験がある

 日本の産業標準化法(旧、工業標準化法)は、鉱工業品の構造、設計方法、試験方法等の標準化を促進して品質改善、取引の単純公正化、使用・消費の合理化等を図っている。

 そして、登録認証機関が、形状・寸法・材質・成分・品質・性能・耐久性・安全性・機能等が規格に適合しているとして認証した鉱工業品(包装・容器・送り状を含む)に、製造業者が「JIS マーク」を付すことを認める。

  1. (注1) 個々のJIS規格には、アルファベット1文字(分野を表す)と数字4~5桁を組み合わせた番号が付与されている。
  2. (注2) JISは任意基準だが、国・地方公共団体の技術基準設定や物品購入時にJISを尊重する点において強制基準の性格を有する。

 企業が生産する鉱工業品がJIS 規格(製品規格)に適合するかどうかの審査は、一般に、製品自体の特性を調べる「製品試験」と、それを製造する工場・事業場の「品質管理体制審査」の2つのテストによって行われ、両方に合格した場合に認証される。(加工品についても同様)

  1.  「製品試験」は、JIS規格に定める試験・分析・測定によって行う。
  2.  「品質管理体制」とは、製造設備・検査設備・検査方法・品質管理方法・その他品質保持に必要な技術的生産条件のことをいい、省令で定める基準に適合するかどうかを審査する。

① 製品試験(製品がJIS規格に適合することを審査する。)

 まず、製品自体が規格に適合しなければならない。

 適合しているか否かは、鉱工業品のうち試験用のものについて「製品試験」(JIS規格に定める試験、分析、測定)を行って審査する。

  1. (注) 通常、量産品の試験は、JISで求められる個数をサンプリングして行う。全数を試験する場合は、製造品質管理体制審査を省略できる。

 試験は、原則として登録認証機関が、同機関の試験設備を用いて、同機関の試験員により実施する。

  1. (注) 上記に準じる方法も認められるが、登録認証機関が、申請者の試験場所・試験員(登録認証機関又は申請者の所属)・第三者試験機関等で実施した試験データの活用について、JIS17025:2018(ISO/IEC17025:2017)〔試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項〕を満足していることを確認しなければならない。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索