◆SH2474◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(155)日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス㉗ 岩倉秀雄(2019/04/12)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(155)

―日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス㉗―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、「チーム力強化」の取り組みについて述べた。

 新経営陣により、単年度黒字化を実現した日本ミルクコミュニティ(株)は、組織文化が異なるが故に団結力が弱く経営効率が悪化しやすい合併会社の特性を認識し、従業員を団結させ、組織同士が十分に連携し相乗効果を生みだすような独自の組織風土を新たに作る必要性を痛感、「明るく楽しく元気の良いチーム」を作るために「チーム力強化」の取組みを開始した。

 2006年10月に全国の所属長、管理職、関係会社社長等を招集して「チーム力強化」のキック・オフ大会を開催、本社要員管理部署を推進事務局とし、各種の施策を実施した。(後述)

 また、チーム力強化の取組みによる従業員の意識や組織風土の変化に関する調査を継続的に実施し、組織や人事制度の更なる改革に役立てた。

 今回は、日本ミルクコミュニティ㈱の失敗と成功の要因を、改めて考察する。

 

【日本ミルクコミュニィティ(株)のコンプライアンス㉗:失敗と成功の要因】

 これまで筆者が経験を踏まえて考察してきた日本ミルクコミュニティ(株)の失敗と成功のケースは、一般の会社合併においても様々の示唆を提示していると思われるので、以下にこれまでの考察の骨子を整理する。

 

1. 構造改革前の失敗要因

 筆者も事務局次長として参加した統合会社設立準備段階での失敗の要因を一言で言えば、準備期間が短く、出身会社主義を排除できず、各社の主張を中途半端に入れたために、様々の弊害が発生したと言える。

(1) 設立準備期間が短か過ぎた

  1. ① システムへの習熟不足(会社設立時に統一システムができていなかった。)
  2. ② 商品の知識不足(アイテムが急増、他社商品の知識を学ぶ時間が不足。)
  3. ③ 物流センターの混乱(同上+業務習熟訓練期間が不足+関連業者への周知徹底不足。)
  4. ④ 経営管理手法不慣れ(統一手法を確立せず習熟期間もなし。)

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所