◆SH2407◆企業活力を生む経営管理システム―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―(第17回) 齋藤憲道(2019/03/18)

企業活力を生む経営管理システム

―高い生産性と高い自己浄化能力を共に実現する―

同志社大学法学部
企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

第3部 さらなるリスク発見と対策が必要な分野
     例えば、「製品の性能・安全の問題」、「秘密情報流出」

(2) 不祥事の例

○ 低脂肪乳による集団食中毒

 大阪の工場で生産された低脂肪乳によって1万人以上の食中毒患者が発生し、工場で中毒の原因(黄色ブドウ球菌)が発見されて、工場は営業禁止処分を受けた(後日、閉鎖)。中毒発生から約2か月後に、大阪工場が使用していた原料(脱脂粉乳)が北海道の工場で生産され、その中に含まれていた基準数以上の菌が増殖したことが原因と判明した。原料工場で、屋根にできたツララが電気室に落下して停電になり、数時間、材料が冷却されずにパイプやタンクに滞留した間に菌が増殖していた。

 この会社の多くの商品(他の乳製品を含む)が中毒発生直後から市場で敬遠され、同社は経営不振に陥った。

〔企業における再発防止策〕
 ①社外取締役の選任、②企業倫理委員会の設置、③社員の変革運動と社内意識改革、④お客様モニター制度の導入等を行って企業体質変革を徹底した。

  1. (注) この会社では、本件に続いて子会社の食品虚偽表示問題(本件とは別)が発覚し、グループのブランド・イメージが毀損されて業績が著しく低迷し、大規模な事業再編・工場売却・人員削減等に追い込まれた。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索