◆SH2393◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(147)日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス⑲ 岩倉秀雄(2019/03/12)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(147)

―日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス⑲―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、企業グループのコンプライアンス体制の強化について、組織間関係論に基づく理論的視点を述べた。

 一般に、親会社は資本関係をベースにパワー(影響力)を行使しつつ、子会社の自主性に配慮して支援する。

 親会社の所有に基づく報酬・制裁のパワーは強力であり、時間が経つにつれて、親会社と子会社の間には組織間文化(グループ組織間で共有される価値や行動様式)が形成され、組織間の統合機能を果たすことになる。

 組織間文化(自らの価値と他組織の価値を結びつける)は、組織間の「行動規範」の機能があり、焦点組織の政策、対境担当者の行動とメンバー組織の評価・行動の積み重ねにより形成され、協調関係の形成・維持の前提となる。

 組織間文化は、組織間における神話、儀礼、言語の他に、経営会議や各種委員会への参加など公式のコミュニケーションシステム、経営者同士の個人的関係や対境担当者同士の業務行動などの影響を受ける。

 したがって、筆者は、企業グループのコンプライアンスで重要なことは、親会社が子会社に対して強力なパワーを行使するとともに支援を行い、コンプライアンス重視の組織間文化を形成することであると考える。

 具体的には、①グループ共通の理念やビジョン・行動憲章等の共有化、②親会社と子会社の対境担当者間のコミュニケーション、③親会社の子会社に対するパワーの行使と支援、④子会社の実施状況の確認・検証、⑤グループのコンプライアンス委員会に子会社の社長や責任者を出席させる、⑤親・子会社連携によるコンプライアンス研修の実施、⑥子会社に対するアンケート調査の実施等、様々の方法が考えられるが、留意点としては、子会社の実態に合った取り組みが重要である。

 今回は、子会社から見たコンプライアンス上の留意点について考察する。

 

【日本ミルクコミュニィティ(株)のコンプライアンス⑲:コンプラインス体制の構築と運営⑥】

 既述したが、筆者は、日本ミルクコミュニティ(株)の設立に関与した後、同社の初代コンプライアンス部長として移籍しコンプライアンスの仕組みをゼロから構築した後、子会社の管理担当役員として出向し、コンプライアンスについても担当した。

 そのため、親会社で自分が策定した子会社に対するコンプライアンス施策を、子会社の立場で実践し考察する機会を得た。

 それを踏まえ、今回は、子会社から見た企業グループのコンプライアンスの留意点について考察する。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所