◆SH2357◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(142)日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス⑭ 岩倉秀雄(2019/02/22)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(142)

―日本ミルクコミュニティ㈱のコンプライアンス⑭―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、準備委員会で検討された中期経営計画の目標の1つである経営基盤の確立と、役員体制(ガバナンス)について述べた。

 経営基盤の確立では、経営効率を高め3年以内に繰越損失を一掃することを基本目標とした。

 その為に、①生産から販売までのトータル利益管理システムの構築、②全国連と連携した需給調整と自社工場で乳製品製造をしないこと、③これまでにとらわれない質量面で安定した資材調達先の確保、④既存アイテムの整理・統合、⑤収益性・市場規模・成長性評価に基づく商品別・チャネル別戦略の明確化と資源投入の「選択」と「集中」、⑥出荷拠点の統廃合と配送コースの集約・見直しによる物流費のコストダウン、⑦ラインの統廃合、要員の見直し、他社からの積極的受注による直営工場の生産性向上、⑧チャネル別利益管理方法の確立と徹底等を定めた。

 新会社の役員体制は、①社外取締役・監査役の招聘による経営の透明性の確保、②少人数による意思決定の迅速化、③執行役員制度の導入(検討)による取締役会の役割の明確化、④社外有識者からの意見反映による社会との適合・ステークホルダーとの有機的関係の構築、⑤内部人材の登用による従業員のモチベーションへの配慮を基本的考え方とした。

 今回は、会社設立後のコンプライアンス体制の構築と運営について考察する。

 

【日本ミルクコミュニィティ(株)のコンプライアンス⑭:コンプラインス体制の構築と運営①】(『日本ミルクコミュニティ史』416頁~417頁)

 本稿では、これまで、日本ミルクコミュニティ(株)設立の経過と設立準備委員会の活動内容について記述してきた。

 筆者は、全酪連乳業統合準備室長兼市乳統合会社設立準備委員会事務局次長としてこの会社の設立にかかわり、2003年1月1日に日本ミルクコミュニティ㈱が設立した後は、コンプライアンス部長として同社に移籍した。

 今回から複数回にわたり、この合併会社のコンプライアンスについて考察する。

 会社設立初年度(2003年度)は、設立準備委員会で懸念した通り、特に物流、情報システム、営業部門が大混乱に陥り、債務超過の危機に陥った(後述する)ために、コンプライアンス研修や内部監査業務を十分に行うことはできなかったが、新役員体制になり業務も安定化してきた頃から、コンプライアンス部門として以下の取組みを行った。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。