◆SH2353◆三菱マテリアル、製品検査データ改竄をめぐるグループ・ガバナンス強化策の進捗を更新(2019/02/20)

三菱マテリアル、製品検査データ改竄をめぐる
グループ・ガバナンス強化策の進捗を更新

――グループ3社に関する有罪判決についても公表――

 

 非鉄金属大手の三菱マテリアルは2月12日、同社グループのガバナンス体制の強化策、同社グループの品質管理に係るガバナンス体制の再構築策・再発防止策等について最近の進捗状況を発表した。

 同社が当初「当社子会社における不適合品への対応状況について」と題するプレスリリースにより、連結子会社である(ア)三菱電線工業、(イ)三菱伸銅の一部製品について検査記録データの書換えなどがあったと発表したのは、2017年11月23日。「お客様の規格値又は社内仕様値を逸脱した」不適合品を出荷していたとするもので、両社を合わせた出荷先の合計は258社にのぼった。また、この段階では「いずれの案件についても、現時点で、法令違反行為及び安全性に疑義が生じる事案については確認されておりません」とするとともに、同様に連結子会社である(ウ)三菱アルミニウムにおいても「不適合品の出荷がありましたが、全てのお客様との間で安全性の確認は終了しております」と発表していた。

 同年12月1日には本事件の事実関係と原因の把握、再発防止策策定などのため、特別調査委員会の同日付設置を公表。親会社となる三菱マテリアルの社外取締役2名、日本能率協会の常務理事、三菱マテリアルの取締役副社長執行役員、同じく同社の経営戦略本部法務部長の計5名が委員に就任した。しかしながら同月19日、(ア)三菱電線工業には不適合品に関する新たな事案が判明したとして「検査の一部を実施していない」不適合品を出荷した事実を発表している。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索