◆SH2249◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(125)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する㉟岩倉秀雄(2018/12/14)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(125)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉟―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、食中毒事件の発生時とは異なる牛肉偽装事件後の企業体質の変革と信頼回復の取組みについて述べた。

 雪印乳業(株)は、牛肉偽装事件後には、コンプライアンスを組織内に浸透・定着するために、仕組み(構造とプロセス)の改革だけではなく、組織成員の価値観(組織文化)の改革に注力した。

 有志による「雪印体質を変革する会」の活動を会社として正式な活動と位置づけ、信頼回復運動を全社的に強力に推進するために、信頼回復プロジェクトをスタートさせた。(筆者は、全酪連牛乳不正表示事件時に実施した組織風土改革運動の経験を雪印乳業(株)に伝えていた。)

 そして、「雪印の顔が見えない」との社会の批判に応え、運動の趣旨や改革された内容、信頼回復のテーマを効果的にコミュニケートするために、広告、広報、ホームページでの情報発信やメールマガジンの発行を行った。

 また、農家女性のネットワーク「田舎のヒロインわくわくネットワーク」の協力による酪農生産者との対話や、(社)女性職能集団WARPの提言を受けて消費者との対話及びお客様モニター制度の導入を行うとともに、工場開放デーを設定し、品質への取組み、事業改革、経営改革に対するステークホルダーの理解を得るように努めた。

 今回は、ガバナンス改革、コンプライアンス体制の再構築、行動基準等について考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉟:牛肉偽装事件後の経営再建⑥】(『雪印乳業史 第7巻』478頁~489頁より)

1. ガバナンスの改革(社外取締役の選任と企業倫理委員会の設置)

 2002年6月27日の株主総会を控えて、同年4月17日、株主オンブズマン(代表 関西大学森岡孝二教授)より「安全担当社外取締役の選任等に関する定款変更の件」が株主提案され、協議を重ねた結果、雪印乳業(株)は、社外取締役として、前全国消費者団体連絡会(略称 消団連)事務局長の日和佐信子の就任と、「社外の目」を取り入れた企業倫理委員会の設置を決定した。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。