◆SH2242◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(124)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する㉞岩倉秀雄(2018/12/11)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(124)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉞―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、子会社の売却等、グループ経営の再編について述べた。

 雪印乳業(株)は、2つの事件によりブランドへの打撃が大きく、子会社の経営も親会社以上に厳しい状況に陥ったことに加え、雇用調整等の資金確保の必要性から、優良子会社株の売却にも踏み込まざるを得なかった。

 そのため、グループ会社で最も企業価値の高かった(株)雪印アクセスの株式を伊藤忠商事(株)等に売却した他、雪印ラビオ(株)の株式をかねてから乳酸菌事業に関心の高かったカゴメ(株)に、総合物流会社を目指していた雪印物流(株)の株式を(株)エスビーエスに売却、創業70周年記念事業の一環として建設した自社ビル(スノークリスタルビル)の信託受益権を不動産関連会社に売却した。

 また、業績不振で売却できない会社は整理せざるを得ず、2000年には111社あったグループ会社は、2008年には41社になった。

 今回から複数回に分けて、食中毒事件の発生時とは異なる牛肉偽装事件後の企業体質の変革と信頼回復の取組みについて、筆者の学会報告を基に考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉞:牛肉偽装事件後の経営再建⑤】

 これまで、筆者は、本稿112号114号で、食中毒事件発生時に雪印乳業(株)が企画・実施した信頼回復・経営再建策について述べ、120号123号では牛肉偽装事件後の経済面の施策について述べてきた。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所