◆TL◆商事法務メルマガno.1508(2018.12.07)

■資料版商事法務 12月号

「有報、CG報告書から読み解く日産問題――現行報酬開示制度の死角――」

カルロス・ゴーン会長逮捕を受け、日産自動車の役員報酬開示に基づいて、現行の開示制度の問題点を洗い出す。株価連動報酬を初導入した「2003年(平成15年)株主総会の招集通知・参考書類」に遡って分析。

対談者:澁谷展由(弁護士・公認不正検査士)/阿部直彦(ペイ・ガバナンス日本株式会社代表取締役)

1 はじめに/2 金銭報酬の開示について/3 「株価連動型インセンティブ受領権(SAR)」の開示について/4 株式以外の非金銭報酬の開示について/5 報酬の決定方法の開示について/6 今後の展望

◎資料版/商事法務バックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/siryoban/siryoban-backnumbers

◎資料版/商事法務のお申込みは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p002#shiryoban

 

《商事法務ポータル会員向けコンテンツ》はこちらです。

https://www.shojihomu-portal.jp/member_page

 

商 事 法 務 メ ー ル マ ガ ジ ン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

T┃o┃p┃i┃c┃s┃!┃※企業法務に関する話題を紹介します

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

《商事法務ポータル-タイムライン》☆のついた記事はフリー会員の方もご覧になれます。

◆債権法改正後の民法の未来71 損害賠償の各則ルールほか(3・完) 松尾吉洋(2018/12/07)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7738530

◇シンガポール:シンガポールにおける新たな投資ファンドストラクチャー(2) 松本岳人(2018/12/07)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7738237

◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(123)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する(33) 岩倉秀雄(2018/12/07)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7738210

◇債権法改正後の民法の未来70 損害賠償の各則ルールほか(2) 松尾吉洋(2018/12/06)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7730266

◆コーポレート・ガバナンス改革の深化に向けた取組みの現状が明らかに(2018/12/06)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7730258

☆債権法改正後の民法の未来69 損害賠償の各則ルールほか(1) 松尾吉洋(2018/12/05)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7623402

◆経産省と公取委、下請取引の適正化について親事業者等に要請(2018/12/05)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7722595

☆ロンドンで活躍する日本人弁護士、Ashurstパートナー岩村浩幸氏に聞く③(完) 西田 章(2018/12/05)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7722568

◆証券監視委、契約締結交渉者の社員から情報を受領した者による内部者取引に対する課徴金納付命令の勧告 平井 太(2018/12/05)

https://www.shojihomu-portal.jp/article?articleId=7722523

 

《官庁等情報》

□法務省、法制審議会特別養子制度部会第7回会議(平成30年11月27日開催)(5日)

http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900386.html

■経産省、第1回 SDGs経営/ESG投資研究会(26日)

http://www.meti.go.jp/shingikai/economy/sdgs_esg/001.html

□経産省、デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会(28日)

http://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_platformer/002.html

■経産省、FIT制度における太陽光発電の未稼働案件への新たな対応を決定しました(5日)稼働していない(働きの悪い)案件に対する対応

http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181205004/20181205004.html

□厚労省、「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表します ~「長時間・過重労働」に関する相談が204件(40.7%)で最多(7日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000144103_00001.html

■厚労省、第3回賃金構造基本統計調査の改善に関するワーキンググループ(ペーパーレス)資料(7日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000192017_00001.html

□厚労省、第3回裁量労働制実態調査に関する専門家検討会(資料)(7日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000211189_00008.html

■厚労省、第118回労働政策審議会安全衛生分科会(議事録)(5日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000211323_00008.html

□国交省、自動車メーカーの燃費及び排出ガスの抜取検査に係る不正事案を受けた各社調査に係る一部の輸入事業者からの追加報告等について(5日)

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003205.html

 ○フォルクスワーゲン グループ ジャパン、燃費・排出ガス抜取検査(完成検査時)に関する国土交通省への調査報告について(5日)

 https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/volkswagen/news/2018/info181205_1_web.pdf/_jcr_content/renditions/original./info181205_1_web.pdf

■総務省、日EU・ICT政策対話(第24回)及び日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回)の結果(6日)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin08_02000104.html

□総務省、情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会 金融データWG(第3回)配布資料(6日)

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/information_trust_function/02tsushin01_04000560.html

■総務省、ビッグデータ等の利活用推進に関する産官学協議のための連携会議(第5回)(5日)

http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/02toukatsu01_04000290.html

□総務省、「水道財政のあり方に関する研究会」報告書の公表(6日)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000199.html

■金融庁、バーゼル銀行監督委員会による「サイバー耐性管理の諸慣行」の公表について(7日)

https://www.fsa.go.jp/inter/bis/20181207.html

□金融庁、衆議院財務金融委員会における麻生金融担当大臣の「破綻金融機関の処理のために講じた措置の内容等に関する報告」概要説明(7日)

https://www.fsa.go.jp/common/diet/houkoku/3012/20181207.html

■金融庁、金融安定理事会によるG20財務大臣・中央銀行総裁会議へのレターの公表について(6日)

https://www.fsa.go.jp/inter/fsf/20181205.html

□金融庁、金融審議会「金融制度スタディ・グループ」(平成30事務年度第4回)議事次第(4日)

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/seido-sg/siryou/seido_sg30-4.html

■金融庁、「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第8回)議事録を公表(5日)

https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20181101-2.html

□金融庁、「会計監査についての情報提供の充実に関する懇談会」(第2回)の資料を公表(5日)

https://www.fsa.go.jp/singi/jyouhouteikyou/siryou/20181204.html

■特許庁、知的財産権を事業に活かそう(6日)

http://www.jpo.go.jp/sesaku/chusho/index.html

□特許庁、スッキリわかる知的財産権(β版)(6日)

http://www.jpo.go.jp/beginner/indexj.html

■国税庁、源泉所得税の改正のあらまし(BEPS防止措置実施条約)を掲載しました(5日)

http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/0018011-104.pdf

□消費者庁、「明治期の消費者志向の取組事例」を掲載(7日)

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/consumer_oriented_management/project_001/

■消費者庁、訪問販売業者【(株)グランビア】に対する行政処分を掲載(7日)

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/2018/pdf/release_181207_0001.pdf

□証券監視委、貸付型ファンドの投資家への情報提供についての建議(7日)

https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2018/2018/20181207-3.htm

■証券監視委、トラスト株式に係る相場操縦に対する課徴金納付命令の勧告について(7日)

https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2018/2018/20181207-1.htm

□証券監視委、エーアイトラスト株式会社に対する検査結果に基づく勧告について(7日)

https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2018/2018/20181207-2.htm

 ○エーアイトラスト、証券取引等監視委員会による勧告について(7日)

 https://www.ai-trust.net/topics/318-topics.html

■個人情報保護委、特定個人情報保護評価に関する規則の改正及び特定個人情報保護評価指針の変更に関する資料(基礎項目評価書(平成31年1月版))を掲載しました。(5日)

https://www.ppc.go.jp/enforcement/assessment/#kisoku

□東証、債務免除に係る再建計画の認定及び時価総額審査の開始:田淵電機(株)(7日)

https://www.jpx.co.jp/news/1021/20181207-01.html

 ○田淵電機、「事業再生計画」の株式会社東京証券取引所への提出に関するお知らせ(7日)

 http://www.zbr.co.jp/ir/news/docs/ir_20181207-2.pdf

 ○田淵電機、事業再生ADR手続に基づく債権者会議(第3回債権者会議(続会))の開催並びに事業再生ADR手続の成立及び債務免除等の金融支援に関するお知らせ(7日)

 http://www.zbr.co.jp/ir/news/docs/ir_20181207-3.pdf

 ○田淵電機、株式会社東京証券取引所による当社の再建計画の認定及び当社株式上場時価総額審査の開始に関するお知らせ

 http://www.zbr.co.jp/ir/news/docs/ir_20181207-4.pdf

■大証、東証マザーズ指数先物取引に係るストラテジー取引における呼値の単位の見直しに伴う業務規程の一部改正について(5日)

https://www.jpx.co.jp/rules-participants/rules/revise/01.html

□企業会計基準委、第34回基準諮問会議議事概要(4日)

https://www.asb.or.jp/jp/project/standards_advisory/y2018/2018-1112.html

■企業会計基準委、第397回企業会計基準委員会の概要(7日)

https://www.asb.or.jp/jp/project/proceedings/y2018/2018-1129.html

□ほふり、業務方法書の取扱いの一部改正について(7日)

http://www.jasdec.com/system/dvp/rule/reform/index.html

■ほふり、ISO20022に準拠したメッセージへの移行完了のお知らせ(4日)

http://www.jasdec.com/news/20181204.html

□日弁連、法律相談ムービー「ハラスメントA面・B面」を公開しました(5日)

https://www.nichibenren.or.jp/activity/nichibenrentv/tv_cm.html

■東弁、外国人人材受入れに係る「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」案に対し、慎重な審議と包括的な制度改革を求める会長声明(4日)

https://www.toben.or.jp/message/seimei/post-517.html

□大弁、会員の起訴報道に関する会長談話(7日)

http://www.osakaben.or.jp/speak/view.php?id=194

■経団連、下請取引の適正化について(5日)

http://www.keidanren.or.jp/announce/2018/1205.html

□経団連、今後の採用と大学教育に関する提案(4日)

http://www.keidanren.or.jp/policy/2018/113.html

■地域活性化支援機構、「東和銀行」に対する特定専門家派遣の決定について~東和銀行の東和地域活性化ファンド(仮称)組成及び運用に関するノウハウ移転~(7日)

http://www.revic.co.jp/pdf/news/2018/181207newsrelease.pdf

□日銀、(論文)金融研究所DPS:暗号資産における取引の追跡困難性と匿名性(6日)

http://www.boj.or.jp/research/imes/dps/dps18.htm/

■日銀、第7回FinTechフォーラム~どうなるキャッシュレス決済手段:対面決済の未来~(11月30日)資料(5日)

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2018/rel181205a.htm/

□日銀、投資判断におけるアルゴリズム・AIの利用と法的責任(5日)

http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/lab/lab18j05.htm/

■仲裁協会、JCAA規則の改正及び制定についてのお知らせ(7日)

http://www.jcaa.or.jp/new/2018/12/07/jcaa_2.html

□東商リサーチ、2018年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査、GC注記・重要事象の記載は過去最少の合計54社(7日)

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181207_01.html

■東京都、地方税法違反(宿泊税)に係る強制調査の実施について(5日)

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/12/05/09.html

 

《企業等の動向》

□日産自動車、完成検査における不適切な取扱いに関するリコールの実施について(7日)

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-b80d5f605e170e28db6d451af70da417-181207-02-j?lang=ja-JP

■東京貴宝、第三者委員会による調査状況及び今後の見通しについてのお知らせ(7日)

http://www.tokyokiho.com/ir/ir05/20181207.pdf

□くろがね工作所、不適切な会計処理に関する第三者調査委員会の設置及び平成30年11月期決算短信開示延期に関するお知らせ(7日)

https://www.kurogane-kks.co.jp/company/20181207_01_ir.pdf

■オンワードホールディングス、「コーポレートガバナンス・ポリシー」の改訂に関するお知らせ(7日)

https://www.onward-hd.co.jp/ir/docs/20181207.pdf

□ソフトバンク、2018年12月6日に発生した携帯電話サービスの通信障害に関するおわび(6日)

https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20181206_02/

 ○エリクソン、ソフトバンクの障害情報に関するお知らせ(6日)

 https://www.ericsson.com/jp/ja/press-releases/2/2018/12/1

■リソー教育、一部ネット掲示板などにおける書き込みに係る被害届の提出について(開示事項の経過)(6日)

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181206446097.pdf

□ホシザキ、社内調査委員会の調査報告書公表等に関するお知らせ(6日)

http://www.hoshizaki.co.jp/topics/181206-1.pdf

■ホシザキ、社内調査委員会の調査報告書受領に関するお知らせ(5日)

http://www.hoshizaki.co.jp/topics/181205-1.pdf

□五洋インテックス、株主提案に関する書面の受領について(5日)

http://www.goyointex.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/12/h30kabunusi-teiann-teikann.pdf

■アルプス電気株式会社とアルパイン株式会社との持株会社体制への移行を伴う経営統合(株式交換)に関する臨時株主総会の承認可決についてのお知らせ(5日)

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181203444523.pdf

□武田薬品工業、Shire社の株主集会及び株主総会における承認決議に関するお知らせ(6日)

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181205445760.pdf

 ○武田薬品工業、当社によるShire社買収の申出に関する当社株主総会での承認決議について(5日)

 https://www.takeda.com/jp/newsroom/newsreleases/2018/20181205-8027/

■アルパイン、臨時株主総会決議ご通知を掲載しました(6日)

http://www.alpine.com/j/investor/information/pdf/ex_resolution_181206.pdf

 ○アルパイン、当社株主からの当社臨時株主総会における事前質問書(追加分)に対する当社見解の公表に関するお知らせ(5日)

 http://www.alpine.com/j/investor/library/pdf/kessai/ja/newsrelease_181205.pdf

 

《裁判動向》

□最二小判(三浦守裁判長)、金属スクラップ等の継続的売買契約において目的物の所有権が代金の完済まで売主に留保される旨が定められた場合に,買主が保管する金属スクラップ等を含む在庫製品等につき集合動産譲渡担保権の設定を受けた者が代金完済未了の金属スクラップ等につき売主に上記譲渡担保権を主張できないとされた事例(7日)

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=88171

■最二小決(山本庸幸裁判長)、不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例(3日、6日)

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=88168

□エナリス、和解による訴訟の解決に関するお知らせ(7日)

https://ssl4.eir-parts.net/doc/6079/tdnet/1654635/00.pdf

■ニチコン、米国集団民事訴訟における和解および特別損失の計上ならびに平成31年3月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせ(7日)

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181204445161.pdf

□Abalance、控訴審の判決に関するお知らせ(5日)

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS95513/5a4897a7/2ea1/479d/a9e1/e0475953f36f/140120181205445711.pdf

■大日本住友製薬、(開示事項の経過)米国における非定型抗精神病薬「LATUDA」の後発品申請に対する特許侵害訴訟の終結について(5日)

https://www.ds-pharma.co.jp/ir/news/pdf/ne20181205.pdf

□中外製薬、当社抗体改変技術に関する日本における特許権侵害訴訟の提起について(5日)

https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20181205150000_788.html

 

《法案提出・審議状況》

■官邸、定例閣議案件(7日)

http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018120701.html

□衆院本会議、2011年PFI法改正で導入されたコンセッション方式による運営の民間委託を上水道にも可能とする等の経営基盤強化に係る水道法改正案を賛成多数で可決・成立(6日)

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/197/meisai/m197080196048.htm

 

《パブリック・コメント(意見募集開始)》

■総務省、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社の第一種指定電気通信設備に関する接続約款の変更案に対する意見募集(7日)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000524.html

□総務省、電気通信事業法施行規則の一部を改正する省令案(電気通信業務の休廃止に係る利用者周知義務)に対する意見募集(7日)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_03000272.html

■文科省、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申素案)」に関する意見募集の実施について(6日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185001019&Mode=0

□文科省、「公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン(案)」に関する意見募集の実施について(6日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185001020&Mode=0

■北海道、IRに関する基本的な考え方(たたき台)を公開し意見募集開始(3日)

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kkd/ir/experts_meeting.htm

 

《パブリック・コメント(意見募集結果)》

□厚労省、「医師や薬剤師等の専門家が関与せずに使用した場合に健康被害や乱用につながるおそれが高い医薬品等を個人輸入する際には、医師の処方せんや指示を要することについての意見募集」に対して寄せられた御意見等について(7日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495170283&Mode=2

■経産省電力・ガス取引監視等委、「適正なガス取引についての指針」(改定案)に対する意見募集の結果について(6日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595218041&Mode=2

□経産省電力・ガス取引監視等委、「電力の小売営業に関する指針」(改定案)に対する意見募集の結果について(6日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595218040&Mode=2

■資源エネ庁、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案等の概要」に関する意見募集の実施結果について(5日)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620118020&Mode=2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今┃日┃の┃書┃棚┃★┃☆┃★┃(価格は税込み)

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

●2017年金融商品取引法改正、最新の判例・文献を踏まえ解説した最新版

 『金融商品取引法コンメンタール第1巻 定義・開示制度〔第2版〕』

 神田 秀樹=黒沼 悦郎=松尾 直彦 編著(1108頁、本体13,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7271202

●2018年6月のCGコード改訂と実務動向をふまえた全面改訂版

 『コーポレートガバナンス・コードの読み方・考え方〔第2版〕』

 中村 直人=倉橋 雄作 著(240頁、本体2,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7416869

●改訂コード対応の実務をふまえ、Q&Aを大幅にアップデートする待望の第3版

 『コーポレートガバナンス・コードの実務〔第3版〕』

 澤口 実=内田 修平=髙田 洋輔 編著(280頁、本体3,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7416876

●事業承継の現状や課題への対応を各専門分野の実務家が徹底討論

 『事業再生研究叢書17 中小企業の事業承継と事業再生』

 事業再生研究機構 編(250頁、本体3,700円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7509088

●実務の視点から働き方改革の最新動向を完全網羅

 『働き方改革とこれからの時代の労働法』

 菅野 百合=阿部 次郎=宮塚 久 編著 西村あさひ法律事務所労働法グループ 著(432頁、本体4,200円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7446601

●商法(運送・海商関係)改正の趣旨・内容について、立案担当者が解説

 『一問一答 平成30年商法改正』

 松井 信憲(法務省大臣官房国際課長(元法務省民事局参事官))=大野晃宏(法務省民事局参事官) 編著(344頁、本体4,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7234662

●役員報酬構造改革に取り組む企業・実務家のための羅針盤。待望の最新版

 『日本経済復活の処方箋 役員報酬改革論〔増補改訂第2版〕』

 神田 秀樹=武井 一浩=内ヶ﨑 茂 編著(400頁、本体3,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7347395

●立案担当者が、定型約款の実務上の論点についてわかりやすく解説

 『定型約款の実務Q&A』

 村松 秀樹(法務省民事局民事第二課長(元法務省民事局参事官))=松尾 博憲(弁護士(元法務省民事局付)) 著(224頁、本体3,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7234652

●民法(債権法)改正と商法(運送・海商法)改正を踏まえた、待望の改訂版

 『民法とつながる商法総則・商行為法〔第2版〕』

 北居 功=高田晴仁 編著(464頁、本体3,900円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=6983747

●海外に進出する企業の日々の実務に役立つ解説書

 『海外進出企業のための外国公務員贈賄規制ハンドブック』

 森・濱田松本法律事務所 グローバルコンプライアンスチーム 編(424頁、本体4,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7210219

●経験豊富な弁護士陣が、投資協定仲裁の実践的活用法をわかりやすく指南

 『よくわかる投資協定と仲裁』

 フレッシュフィールズブルックハウスデリンガ―法律事務所 編(200頁、本体2,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7084022

 

_/_/近刊

○M&Aに関する法制度・実務を体系的・網羅的に解説する決定版

・『M&A法大全(上)〔全訂版〕』

 西村あさひ法律事務所 編(1332頁、本体9,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7516685

・『M&A法大全(下)〔全訂版〕』

 西村あさひ法律事務所 編(1160頁、本体9,500円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7516821

○債権法改正や重要判例などをふまえ、実務に役立つ情報を大幅にアップデート

 『実践!債権保全・回収の実務対応――担保の取得と実行のポイント〔第2版〕』

 中井 康之 監修 大川 治=奥津 周 編著 堂島法律事務所 著(512頁、本体5,000円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7638317

○信託法の制度や規定の問題点、疑問点を明らかにする

 『信託法をひもとく』

 佐久間 毅 著(228頁、本体3,600円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7638336

○債権法改正や重要判例などをふまえ、実務に役立つ情報を大幅にアップデート

 『株主総会判例インデックス』

 本村 健=冨田 雄介=森 駿介=山田 康平 著(272頁、本体2,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7638317

○イノベーションを促進する企業法制の在り方について、各界の第一人者が集って論議

 『成長戦略と企業法制 成長戦略法制――イノベーションを促進する企業法制設計』

 成長戦略法制研究会 編(288頁、本体3,400円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7446498

○民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について、立案担当者が解説

 『一問一答 成年年齢引下げ』

 笹井 朋昭(法務省民事局参事官)=木村 太郎(名古屋地方裁判所豊橋支部判事補(前法務省民事局付)) 編著(224頁、本体2,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7665460

○「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介された、会社再建専門弁護士の軌跡

 『本物の再建弁護士の道を求めて――弁護士村松謙一の仕事の流儀』

 村松 謙一 著(368頁、本体2,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7509105

○我が国の独禁法実務を改革するにあたり、その方向性を示す論集

 『独禁法のフロンティア――我が国が抱える実務上の課題』

 上杉 秋則=山田 香織 編著(424頁、本体5,700円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7638171

○ファミリービジネスの資本政策や事業承継について法務と税務を融合して解説

 『設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務』

 森・濱田松本法律事務所=MHM税理士事務所 編(600頁、本体7,200円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7446608

 

_/_/別冊商事法務

○No.438『コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析〔平成30年版〕』

 森・濱田松本法律事務所 編(528頁、本体5,300円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7667006

○No.437『平成31年版 株主総会日程 会社規模・決算月別/中間決算』

 別冊商事法務編集部 編(388頁、本体4,800円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7666884

 

_/_/別冊NBL

○No.166『特別養子制度の見直しに関する中間試案』

 商事法務 編(72頁、本体1,700円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7347331

○No.165『AI・データの利用に関する契約ガイドラインと解説』

 経済産業省情報経済課 編(448頁、本体3,600円+税)

https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=6905000

 

☆既刊一覧は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p008

☆既刊書籍・別冊商事法務・別冊NBLの検索・ご購入は下記へ↓

http://shojihomu.rr2.co.jp/products

☆近刊一覧は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p009

★全国の主要常備店はこちら↓

https://www.shojihomu.co.jp/jyoubiten

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役┃員┃報┃酬┃レ┃ポ┃ー┃ト┃サ┃ー┃ビ┃ス┃

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

『東証一部上場会社の役員報酬設計』(別冊商事法務421号、432号)との連動サービス。東証一部上場企業の有報、CG報告書を一覧表化して業績連動報酬比率、株式報酬の採用状況などを分析・検討した同書の元データを、著者の澁谷展由弁護士(第二東京弁護士会所属)が業種・企業規模などニーズに応じてカスタマイズしてご提供。ペイ・ガバナンス日本・阿部直彦(代表)監修。

 

レポートのサンプル「東証一部上場 製薬会社 役員報酬レポート」を掲載しました。

詳しくは下記ページから↓

https://www.shojihomu.co.jp/yakuinhoushu

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

債┃権┃管┃理┃実┃務┃研┃究┃会┃《会員募集中!》

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【東京月例会】―――――会場:アットビジネスセンター(中央区八丁堀)

■開催日時:2018年12月12日(水)午後1時30分~4時30分

英文売買基本契約書の基礎知識

講師:江藤真理子 氏(弁護士/TMI総合法律事務所)

■開催日時:2018年12月13日(木)午後1時30分~4時30分

刑事事件における企業の対処法

講師:柳原克哉 氏(弁護士/弁護士法人第一法律事務所)

 

【大阪月例会】―――――会場:大江ビル(大阪市中央区)

■開催日時:2018年12月18日(火)午後2時~4時

平成30年の倒産状況と今後の見通し

講師:昌木裕司 氏((株)帝国データバンク 大阪支社 情報部長)

 

★月例会ご案内の最新号・入会パンフレット・お問合せは下記HPより↓

https://www.shojihomu.co.jp/web/saikenkanri

※年会費:(東京)18万円・(大阪)12万円(税別)複数名参加可。

※随時、トライアル(試聴)参加受付中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セ┃ミ┃ナ┃ー┃★┃☆┃★┃《募集中!ビジネス・ロースクール》

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

【東京開催】

※報酬設計の基本概要を整理するとともに、各社の報酬制度の見直しにあたって必要な実務対応について解説

 『役員報酬制度の見直し・開示の基本と実務~株式報酬の最新動向を踏まえて~』

■開催日時:2018年12月12日(水)午後1時30分~4時30分(計3時間)

■講師:髙田 剛 弁護士(和田倉門法律事務所)

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=7251209

※刑事事件化する不正や不祥事が発生したときの実務対応上の留意事項や求められる対応等について概説し、さらに、企業が刑事事件に関わる中でしばしば直面する具体的問題等について解説

 『刑事事件における企業の対処法』

■開催日時:2018年12月13日(木)午後1時30分~4時30分(計3時間)

■講師:柳原克哉 弁護士(弁護士法人 第一法律事務所)

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=7251254

※株主総会の準備段階から当日の運営、事後手続きに至るまで、知っておくべき法令ならびに実務知識、留意点につき、最近のトピックスを交えつつ丁寧に解説

 『基礎から学びたい人のための 株主総会事務局の実務』

■開催日時:2018年12月20日(木)午前10時~午後4時(計5時間)

■講師:牧野達也 三菱UFJ信託銀行(株)法人コンサルティング部 部付部長

https://www.shojihomu.co.jp/seminar?seminarId=7251643

 

★現在募集中のセミナー案内、PDFパンフレットは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/schoollist

※お申込み・お問合せは下記へ↓

law-school@shojihomu.co.jp

(なお、状況により開催を見合わせることがございますことを、あらかじめご了承賜りますよう、お願いいたします。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

N┃B┃L┃最┃新┃号┃★┃☆┃★┃※主な記事のご案内

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<12月1日号>

●システム高度化時代には不完全を前提にした準備を 長谷川紘之

○座談会 「自動運転の、その先」と法律論 小塚荘一郎/藤澤尚江/後藤元/森亮二/

●人事訴訟法等の一部を改正する法律の概要 内野宗揮/山本翔/松波卓也

○相続法改正の概要(2) 堂薗幹一郎/笹井朋昭/神吉康二/宇野直紀/倉重龍輔/満田悟/秋田純

●確約手続の実務を予測する――実務上のメリット・デメリット、活用に当たっての考え方 矢吹公敏

○特定複合観光施設区域整備法下での投資スキームの検討 梅津立/前山信之/石原仁

●契約の終了

・《契約の終了》の連載開始に当たって 椿寿夫

・第1回 契約の終了における消費者契約と事業者間契約(上) 執行秀幸

○鼎談 改正民法の実務的影響を探る 第10回・完 請負(下) 井上聡/松尾博憲/藤澤治奈

●M&A取引におけるアーンアウト条項の理論的基礎とその解釈(中) 王学士

○企業の一生プロジェクト――具体的イメージから説き起こす企業法がインセンティブ・バーゲニングに与える影響

・起業(5)――大企業の従業員がスピンオフ起業を考える 宍戸善一/大崎貞和/木下信行/中原裕彦/水町勇一郎/渡辺徹也

●デジタルプラットフォームの法律問題(第3回)プラットフォーム上のデータの取扱い(2)――個人情報保護法、GDPR等に基づくデータプロテクション 藤原総一郎/森大樹

○Legal Analysis(第32回)建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵と不法行為責任 加藤新太郎

●官公庁便り(内閣府消費者委員会から) 竹村知己

○惜字炉 裁判手続IT化への士業側の準備

 

◎NBL最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p006

◎NBLバックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/nbl/nbl-backnumbers

 

※「NBL」(月2回発行) 年間購読料28,000円[半年14,500円](+税)

 雑誌購読者向け「NBLデータベース」 年間利用料16,800円[半年8,400円](+税)

◎NBLのお申込み・お問合せは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p002#nbl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

資┃料┃版┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<11月号>

●視点 ISS 2019版ポリシー改定について

○座談会 金商法ディスクロージャー改革、企業と投資家の対話進展について――報酬開示を中心に―― 上村達男/黒沼悦郎/阿部直彦/鎌田博光/浅野雄太/澁谷展由(司会)

●コーポレート・ガバナンスに関する報告書から見た相談役・顧問等の状況について――日経300対象会社を基礎として―― 松田由貴

 付: 日経300対象会社における、相談役・顧問等に係る記載の状況一覧

○ユーシン役員報酬に係る株主代表訴訟控訴事件

 控訴審:東京高判平30・9・26

 第1審:東京地判平30・4・12

 付:主要な株主代表訴訟事件一覧表

●平成30年6月総会 定款変更議案の事例分析

 付:定款変更議案における変更事項(会社別一覧)

○取締役選任議案の事例分析 プロネクサス ディスクロージャー相談第1部

●事業報告の記載事例分析<第2回> 三菱UFJ信託銀行 法人コンサルティング部 会社法務コンサルティング室

○平成30年10月総会21社

●株主総会概況

・招集通知の外観・記載内容

・付議議案の表示方法

・付議議案の記載内容

・事業報告

・計算書類

・監査報告書

・株主の質問(10月総会)

○つぶやき CEO解任手続の本質

 

◎資料版/商事法務最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p007

◎資料版/商事法務バックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/siryoban/siryoban-backnumbers

 

※「資料版/商事法務」(月刊誌) 年間購読料43,000円(+税)《分売不可》

 雑誌購読者向け「資料版/商事法務データベース」年間利用料21,600円(+税)

◎資料版/商事法務のお申込みは下記へ↓

https://www.shojihomu.co.jp/p002#shiryoban

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

旬┃刊┃商┃事┃法┃務┃最┃新┃号┃※公益社団法人商事法務研究会発行

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

<12月5日号>

株主総会白書2018年版-ガバナンス型総会への確かな歩み-

●概説

 はじめに/一 企業をめぐる動向/二 株主総会をめぐる動向

○株主総会運営の実態

・第一章 総会の準備

 一 会場の設営/二 総会運営の準備/三 株主対応/四 招集通知/五 独立役員に関する記載/六 議決権の行使状況/七 株主からの閲覧・謄写請求

・第二章 総会当日の事務・運営

 一 総会の受付/二 総会の進行/三 総会の出席者/四 質問と説明

・第三章 総会後の事務

 一 総会後の議事録の作成/二 臨時報告書、有価証券報告書の記載/三 総会前後の株主への通知物

・第四章 その他

 一 役員の総会に対する関心の変化/二 総会担当者の感想/三 コード改訂・制度改正等への対応/四 役員の報酬体系の見直し/五 女性役員・外国人役員の登用についての取組み等/六 監査役会設置会社における社外取締役の選任状況/七 監査等委員会設置会社への移行/八 総会での環境対策/九 地震等の有事の総会への影響と対応/一〇 その他の感想

 

◎旬刊商事法務最新号の目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.or.jp/article?articleId=7684165

◎旬刊商事法務バックナンバーの目次は下記へ↓

https://www.shojihomu.or.jp/p022

※「旬刊商事法務」(月3回発行) 年間購読料33,000円[半年16,500円](+税)

◎旬刊商事法務のお申込み・お問合せは下記へ(公益社団法人商事法務研究会)↓

https://www.shojihomu.or.jp/p009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京大学大学院法学政治学研究科・法学部 連続講義「働き方改革と労働法の新展開」

日 時:<第1回>2019年1月17日(木) <第2回>2019年1月24日(木)

    <第3回>2019年1月31日(木) <第4回>2019年2月7日(木)

    (時間はいずれも18:20~20:00)

場 所:東京大学法文1号館25番教室(東京都文京区本郷7-3-1)

主 催:東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

後 援:公益社団法人商事法務研究会、東大法曹会

受講料:4万3200円(消費税・資料代込み)

受講資格:受講資格は特にありませんが、弁護士、企業法務担当者を念頭に置いた講義であることにご留意ください。

定 員:200名(申込み順)

お申込み:http://www.shojihomu.or.jp/2016tu.htmlにアクセスして必要事項をご登録ください

     ※東大法曹会会員の方は、東大法曹会(03(5841)2776)あてにお申込みください。

お問合せ先:(電話)0356145637 (メール)sh2013@shojihoumu.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆民法(債権法)改正検討委員会ホームページはこちら↓

https://www.shojihomu.or.jp/minpousaikenhou

★法教育フォーラムホームページはこちら(メルマガ登録も)↓

 毎月第1第3木曜日に「法教育レポート」更新中

http://www.houkyouiku.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

商事法務 Mail Magazine No.1508(2018/12/07)

◆発信元 株式会社商事法務 《編集:メルマガ編集室》

 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10茅場町ブロードスクエア3階

 tel03-5614-5648(総合企画室)fax03-3664-8845