◆SH2221◆債権法改正後の民法の未来68 利息超過損害(3・完) 川上 良(2018/11/30)

債権法改正後の民法の未来 68
利息超過損害(3・完)

弁護士法人大阪西総合法律事務所

弁護士 川 上   良

 

4 議論の経過

 (3) 次いで、第2読会の第38回会議で、部会資料34(16頁から18頁)にある「金銭債務の履行遅滞による損害賠償は、法定利率又はそれを超える約定利率によって定まるとされているところ(民法第419条第1項)、これを超える額の損害(利息超過損害)の賠償を認めるかどうかについては、以下のような考え方があり得るが、どのように考えるか。【甲案】利息超過損害の賠償を認めない(民法第419条第1項を維持する。)ものとする。【乙案】民法第419条第1項を削除して債務不履行の一般原則によるものとする。」との考え方については議論がなされた。ここでの議論が、利息超過損害に関する改正の当否の重要なポイントとなったので、議論の中で表れた意見を二、三紹介する。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(かわかみ・りょう)

弁護士(大阪西総合法律事務所)、大阪大学高等司法研究科特任教授。

(主な著書・論文)
(共著)『デジタルコンテンツ法(上)(下)』(商事法務、2004年)、(共著)『知的財産契約の理論と実務』(商事法務、2007年)、(共著)『破産実務Q&A200問――全倒ネットメーリングリストの質疑から』(金融財政事情研究会、2012年)、(共著)『別冊NBL131号 実務家からみた民法改正――「債権法改正の基本方針」に対する意見書』(商事法務、2009年)、(共著)『民法(債権法)改正の論点と実務<上>』(商事法務、2011年)ほか多数。