◆SH2208◆著者に聞く『はじめて学ぶ社外取締役・社外監査役の役割』松山遥弁護士① 西田 章(2018/11/26)

著者に聞く『はじめて学ぶ社外取締役・社外監査役の役割』松山遥弁護士①

日比谷パーク法律事務所
弁護士 松 山   遥

(聞き手)西 田   章

 

 弁護士にとって、本を出版することは、顧客誘引の「営業ツール」です。法改正が近付くと、様々な法律事務所が、関係省庁が公開する資料等を活用して、潜在的顧客に対して「第一人者」であることをアピールするための出版物が相次ぎます。

 そんな中、「企業法務のプロである弁護士から求められる本」が2種類あります。ひとつは、自己の法律解釈が間違っていないことを確認するために求める研究者の見解が示された本であり、もうひとつは、最先端の実務を担っている同業たる弁護士の経験談が示された本です。そして、「コーポレートガバナンス(CG)」は、後者の類型が求められる法分野の典型例です。金融庁、経済産業省、東証等が公表する文書から、CGの理念をぼんやりと理解することができたとしても、課題に直面した時に「では、具体的にどうすればいいのか?」の回答は各自で考えなければならず、そこでは「では、実務的にはどうなのか?」という相場観を知っておかなければなりません。

 社外取締役又は社外監査役に初めて就任することになった者にとって、大きなヒントを与えてくれる本が、松山遥弁護士の執筆された『はじめて学ぶ社外取締役・社外監査役の役割』(商事法務、2017年)です(また、それに続き、松山弁護士が、所属する法律事務所の同僚と共同で執筆された『実効的子会社管理のすべて』(商事法務、2018年)も、持株会社の社外役員にとっては必読の基本書になっています)。

 本インタビュー(2018年9月13日開催)では、まずは、松山弁護士に、裁判官から弁護士に転身された経緯からお伺いした後に(今回(第1回))、松山弁護士が社外役員として、どのようなスタンスでその職務に向き合っておられるのかをお尋ねし(第2回)、最後に、弁護士が社外役員に就任することのCG上の意義について語っていただきます(第3回)。(2018年9月13日、日比谷パーク法律事務所会議室にて)

 

 松山先生のご著書についてお伺いさせていただく前に、松山先生ご自身が、学生時代に、どのような本を用いて司法試験の勉強をなされていたのかに興味があります。まず、司法試験の選択科目は何でしたか。
 労働法です。菅野和夫先生の『労働法』(弘文堂)が充実していたので、労働法はこの本だけで勉強しました。
 他の科目では、どのような基本書を用いていたのでしょうか。
 基本書をきっちり読むタイプではなかったので、精読したと言えるわけではないのでおこがましいのですが、民法では、四宮和夫先生の『民法総則』(弘文堂)、刑法では、大谷實先生の『刑法総論』『刑法各論』(成文堂)、刑事訴訟法は、松尾浩也先生の『刑事訴訟法』(弘文堂)を使いました。憲法は、芦部信喜先生の『憲法』(岩波書店)です。
 民事訴訟法はどうだったのでしょうか。
 私の受験時代は、訴訟法はいずれかを選択すれば足りたので、刑訴選択の私は、司法試験用の民訴の勉強はしませんでした。
 研究者志望ではなかったのでしょうか。
 研究者を考えるような勉強熱心な学生ではありませんでした(笑)。
 東京大学時代に受けた授業で印象に残っているものはありますか。
 そうですね、「大学の教員って、なんて自由に研究活動をなされているのだろう」と感じさせてくれたのは、民法の米倉明先生ですね。債権各論の授業をとったのですが、当時、米倉先生は贈与にご関心があったようで、何週間にもわたって贈与に関する講義を続けていらっしゃっていて、最後は、スケジュールが間に合わなくなって、不法行為は1回だけになっていました(笑)。
 現在の法科大学院だったら、そういう授業の進め方は許されなくなっているでしょうね。
 はい。でも、ご自身の学問的関心をストレートに開示してくださる授業だったからこそ、本当に民法学に興味のある生徒を惹きつけていたのだと思います。
 他に印象に残っていた先生はいらっしゃいますか。
 先ほど申し上げた、菅野先生の労働法は面白かったですし、西田典之先生の刑法も面白かったですね。
 得意科目は何だったのでしょうか。
 理論的に詰めていく思考法よりは、利益衡量して物事を決める判断プロセスのほうが性に合っていたようで、民事系の科目の方が好きでした。
 当時から裁判官的思考が備わっていたのですね。学生時代から、裁判官志望が強かったのでしょうか。
 いえ、学生時代は、裁判官になることはまったく考えていませんでした。
 司法修習に行ってから、ですか。
 はい、司法修習中も、前期は進路を考えずにのんびりと過ごしていました(笑)。
 実務修習はどちらだったのでしょうか。
 東京修習です。まず、弁護修習で、次が民事裁判修習、という順序でした。
 弁護修習には刺激を受けなかったのでしょうか。
 弁護士修習も面白かったです。指導担当の先生が弁護士会の選挙でお忙しかったのですが、イソ弁の若い先生とご一緒していろいろとざっくばらんにお話が聞けましたし、他の事務所の先生に里子に出されたりしていまして、それ自体は、いろいろな事務所を見る機会を得られてよかったです。
 なるほど、それだけに、次の民事裁判修習で、腰を落ち着けて学べたのですね。指導担当裁判官は魅力的な方だったのですか。
 はい、篠原勝美裁判官(当時)に指導していただきました。篠原先生は、その後に初代の知財高裁所長を務められた方ですが、最高裁調査官も経験していて、真面目で理論的な方でした。
 裁判官という仕事のどのようなところに魅力を感じられたのでしょうか。
 事件を解決していくときの思考プロセス、ですかね。証人尋問も含めて、原告側と被告側の双方の言い分を聞いて、そのどちらが正しいか、どちらの結論にするべきか、という判断を、何のしがらみもなく追及していくプロセスが、私の思考回路に合っていたのだと思います。また、当時は修習生という立場でも自由闊達に裁判官の議論に参加させてもらえたのが楽しかったです。
 今はどうかわかりませんが、東京地裁では、修習生を「大人扱い」してくれていましたよね。
 そうかもしれません。法廷から裁判官室まで戻るエレベータの中で、裁判官から「どうだった? 証人尋問はどこをおかしいと感じた?」と意見を求めてもらえるのがうれしかったです。
 それでは、修習生時代には、具体的な法律事務所への就職を考えることなく、裁判官になられたのですね。
 はい、そうです。
 裁判官として扱った事件では、どのような事件が印象に残っていますか。
 私は、合計5年3ヵ月の裁判官生活の中で、民事を3年、刑事を2年扱いました。民事事件でもいろいろ印象深い事件がたくさんありますが、最も印象に残っているのは、刑事事件、殺人の否認事件です。共犯関係で、どちらが致命傷を与えたかについての関係者の証言が食い違うため、事実認定が本当に難しくて、「判決が書けないかもしれない」と不安を感じたのは、その事件だけでした。
 民事では、印象に残っている事件はありますか。
 弁護士になった後、企業の総務関係者から、私が裁判官時代に関与した判決について声をかけていただいたのは、退職慰労金贈呈の株主総会決議を取り消した事件(南都銀行事件。奈良地裁平成12年3月29日)ですね。当時は、株主総会決議取消しの訴えで、実際に総会決議を取り消した先例が少なかったところに、ほぼ同時期に、神戸地裁の尼崎支部と奈良地裁で判決が出たことで、その年の株主総会対応で企業の総務担当者は大騒ぎになったそうです。
 松山先生は、その年(2000年)の7月に弁護士登録をなされているのですよね。
 はい、その総会シーズンが終わった直後に、弁護士として日比谷パーク法律事務所に参画しましたが、当事務所は総会指導が1つの看板だったので、あらゆる顧問先の担当者から「あの南都銀行の裁判官ですか」と言われました。
 充実した裁判官としてのキャリアを送られていたように思えるのですが、何がきっかけで、弁護士に転身されたのでしょうか。裁判官の仕事に何か不満があったのでしょうか。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)