◆SH2196◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(118)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する㉘岩倉秀雄(2018/11/16)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(118)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉘―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、牛肉偽装事件の経緯について述べた。

 雪印食品(株)は、食中毒事件の影響とBSEによる消費者の牛肉買控えが重なり大幅に経営が悪化、期末には多額の評価損や販売損の発生が見込まれていたが、事件前のミートセンター長会議では、具体的な対策は検討されなかった。

 一方、食肉業界では、国が全頭検査前に屠畜処理された国産牛肉を買い上げる制度の実施を検討しているとの情報が出回り、国産牛肉の買取価格が、当時のオーストラリア産牛肉より2~3割高かったので、雪印食品(株)は販売見込みのない輸入牛肉を買い上げさせたいと考えた。

 関西ミートセンター(西宮冷蔵により告発)、本社ミート営業調達部、関東ミートセンターが中心になり、輸入牛肉を国産牛肉に偽装しその一部を日本ハム・ソーセージ工業協同組合に買取り申請、代金の一部約1億9,500万円を受け取った。

 2002年1月22日午後、雪印食品本社広報室に新聞社から偽装工作の疑いの問合せが入ったため、直ちに調査・確認したところ、関西ミートセンター長が深夜に偽装工作の事実を認めた。

 1月23日朝、新聞各紙に雪印食品の国産牛肉詰め替えの記事が掲載され、雪印食品(株)社長の吉田升三は、午後記者会見を開き、事実関係を全面的に認め謝罪すると共に、社内調査委員会の設置を発表した。

 同席した担当専務は「虚偽申請はセンター長が独断で行ない、これを知る上司はいなかった」と述べ、会社の関与を否定した。

 一方、詰め替え作業の現場となった西宮冷蔵の社長は、同日午前に記者会見を行い、告発の経緯や理由を説明した。

 今回は、事件発覚後の経緯と当局の捜査について考察する。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所