◆SH2195◆債権法改正後の民法の未来64 背信行為による贈与契約の解除(2) 奥津 周(2018/11/15)

債権法改正後の民法の未来 64
背信行為による贈与契約の解除(2)

堂島法律事務所

弁護士 奥 津   周

Ⅲ 審議の経過

 経過一覧

 法制審議会では、以下のとおり背信行為による贈与契約の解除の論点について、審議がなされた。

会議 開催日等 資料等
第16回 H22.10.19 部会資料15-1、15-2
第23回 H23.2.8 部会資料23「民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理のたたき台(3)」
中間的な論点整理 H23.4.12決定 中間的な論点整理案
第53回 H24.7.31 部会資料44
第2分科会第5回会議 H24.9.4 部会資料44
第68回 H25.2.5 部会資料57「中間試案のたたき台(5)」
中間試案 H25.2.26決定 中間試案
第84回 H26.2.25 部会資料75B

 

 審議の概要

 (1) 審議された論点

 背信行為等を理由とする贈与契約の解除について、論点としては、①このような規定を設けることの是非、②このような解除の制度の趣旨をどのように理解するか、③設けるとした場合の要件、④③とも関連するが贈与の履行の前後で解除の要件を分けるか、⑤解除権の一身専属性、⑥解除権の期間制限、といった点について審議がなされた。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(おくつ・しゅう)

京都大学法学部卒業、2004年弁護士登録(大阪弁護士会)。同年堂島法律事務所に入所し、現在は同事務所パートナー弁護士を務める。国立大学法人大阪大学大学院高等司法研究科非常勤講師。

【主要著作】
(共著)『実践! 債権保全・回収の実務対応』(商事法務、2008)、(共著)『書式で実践! 債権の保全・回収』(商事法務、2010)、(共著)『不動産明渡・引渡事件処理マニュアル』(新日本法規、2017)等