◆SH2189◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(117)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する㉗岩倉秀雄(2018/11/13)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(117)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉗―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、雪印食品(株)の概要と事件の背景について述べた。

 雪印食品(株)は、雪印乳業の子会社で、東証第2部及び札幌証券取引所上場の公開会社だった。

 主力事業は創業以来ハム・ソーセージ部門(会社収益の8割〜9割を占める)で、事件を発生させたミート部門は、他の事業に比べて収益性が悪く、1992年以降は毎年数億円の赤字を計上していた。

 ミート事業の担当者は、相場推移の的確な予測、食肉の品質を見分ける高度の専門知識と長年の経験が必要とされ、長年ミートを専門的に扱う傾向が強く、他部門との人事交流が乏しく、職人気質で独立性が強いという特性があった。

 食中毒事件の影響等により、雪印食品(株)の経営状況は2000年度決算、2001年中間決算も大幅な赤字で、そこにBSEの影響による消費者の牛肉買い控えが重なり、期末には多額の評価損や販売損の発生が見込まれていた。

 また、同社は、経営再建策の一環として、2001年11月に希望退職者を募っており、職員の間には、業績やリストラへの不安が広がっていた。

 今回は、上記の背景の中で行われた牛肉偽装事件の経緯について考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉗:事件の経緯】

1. ミートセンター長会議

 2001年10月、本社でミートセンター長会議が開催され、牛肉の在庫量と販売見通し、評価損・販売損が多額になること等が報告され、センター長より会社としての対応が求められたが、具体的な対策は検討されなかった。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。2017年同社を退職して「社会経営研究所」(個人事務所)を設立。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走し、日本トライアスロン協会理事長に就任、競技の普及に努めた。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所