◆SH2160◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(112)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する㉒岩倉秀雄(2018/10/26)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(112)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉒―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、不祥事発生後の企業対応の参考として、食中毒事件後の雪印乳業(株)の対応と訴訟について述べた。

 事件報道直後より消費者からの苦情・問合せが雪印乳業(株)に殺到した。 

 雪印乳業(株)は、直ちに食中毒事故対策本部を西日本支社と本社に設置し、全国の事業所から従業員を動員して消費者へのお詫びと治療費等への支払いに当たった。

 また、被害者に応じた適切な対応を図るため、通常の訪問チームとは別に解決の難航が予想される案件を扱うSチーム妊産婦の対応に当たる妊産婦チーム及び医療チームを設置した他、弁護士が本社と大阪支店に常駐し、特別な案件には警察OBの助言、指導を受けた。

 そして、食中毒患者への継続的な対応を図るため本社直属の組織として、お客様ケアセンター室を西日本支社内に設置した。

 食中毒事件に関わる訴訟では、石川前社長らは嫌疑不十分で不起訴となったが、雪印乳業(法人)は、大樹工場の日報の改ざんと、大阪工場における加工乳の再利用に対して食品衛生法違反で略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受けた。

 また、元大樹工場長に禁固2年、執行猶予3年、罰金12万円、元製造主任に禁固1年6月、執行猶予2年の処分が下され、6月10日に処分が確定した。

 民事訴訟では、被害者5家族9名が製造物責任(PL)法に基づき総額約6,600万円の損害賠償請求訴訟を提訴し、最終的に和解した。

 今回は、雪印乳業(株)が実施した食中毒事件の再発防止策を考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する㉒:再発防止策】

 2000年12月22日、事件の責任をとって辞任した石川社長の後任の西紘平社長は、東京本社で記者会見を行なった。

 西社長は、「当社は食品を扱う企業として、何よりも優先しなければならない品質管理が徹底していなかったことを深く反省し、食品衛生法、HACCPはもちろん、社内基準を遵守し、社会の信頼に応えられる組織風土に改めるべく、倫理憲章、行動基準の制定を準備中で、これを実践するとともに、全ての工場について以下の再発防止策を実行する」と述べた。

 具体的施策は、次の通りであった。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。