◆SH2124◆最三小判 平成28年12月9日 覚せい剤取締法違反、関税法違反被告事件(大谷剛彦裁判長)

 郵便物の輸出入の簡易手続として税関職員が無令状で行った検査等について、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号によって許容されていると解することが憲法35条の法意に反しないとされた事例

 税関職員が、郵便物の輸出入の簡易手続として、輸入禁制品の有無等を確認するため、郵便物を開披し、その内容物を目視するなどした上、内容物を特定するため、必要最小限度の見本を採取して、これを鑑定に付すなどした本件郵便物検査(判文参照)を、裁判官の発する令状を得ずに、郵便物の発送人又は名宛人の承諾を得ることなく行うことが、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号により許容されていると解することは、憲法35条の法意に反しない。

 憲法35条、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条、1項1号、3号、3項

 平成27年(あ)第416号 最高裁平成28年12月9日第三小法廷判決 覚せい剤取締法違反、関税法違反被告事件 上告棄却(刑集70巻8号806頁登載)

 原 審:平成26年(う)第821号 東京高裁平成27年2月6日判決
 原々審:平成24年(わ)第220号 東京地裁平成26年3月18日判決




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所