◆SH2126◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(107)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑰岩倉秀雄(2018/10/09)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(107)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑰―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、食中毒事件後の雪印乳業(株)の対応の経緯を述べた。

 7月28日、雪印乳業(株)は、石川社長ら8人の役員が引責辞任西紘平常務が新社長に就任する新体制を発足した。

 その間、雪印製品全てに対する不信が拡大し、店頭での雪印製品の撤去が全国に広がった。

 7月12日より、雪印乳業(株)は営業禁止中の大阪工場を含む全国の市乳21工場の操業を自主的に停止し、安全性の確認を行なった。

 第三者機関による安全点検を実施したほか、厚生省によるHACCP遵守確認の査察を受けた。

 厚生省専門評価会議は、食品衛生上の重大な問題はなかったと結論付け、厚生大臣津島雄二は、8月2日の記者会見で事実上の安全宣言を行なった。

 これを受けて、8月6日朝刊に社告「安全確認の終了及び品質管理の徹底そしてお客様へのお約束」を掲載し、お客様への約束として、①お客様ケアセンターの設置、②フリーダイヤル年中無休体制の確立、③商品安全監査室の設置、④再利用の禁止、⑤工場記号から工場名表記へ変更、の5項目の実行を表明、これを機に売場復活活動を再開した。

 今回は、食中毒事件の原因が大樹工場にあったことが判明した経緯について考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑰:大樹工場の事故】

 2000年6月27日の食中毒事件の発生以来、関係機関及び雪印乳業(株)による懸命の原因究明活動にもかかわらず、汚染源、汚染経路等は特定されていなかった。  

 8月18日、大阪市が、低脂肪乳の原料として用いられていた大樹工場製造の脱脂粉乳から、黄色ブドウ球菌の産生するエンテロトキシンA型が検出されたことを発表したため、食中毒の原因究明は北海道の大樹工場に移った。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。