◆SH2119◆北越コーポレーション、訴訟の判決に関するお知らせ 小西貴雄(2018/10/02)

北越コーポレーション、訴訟の判決に関するお知らせ

 

岩田合同法律事務所

弁護士 小 西 貴 雄

 

 北越コーポレーションは、平成30年9月20日、「訴訟の判決に関するお知らせ」と題するリリース(以下「本件リリース」という。)を公表した。北越コーポレーションは、同社が所有する大王製紙株式の価値が、大王製紙の取締役の任務懈怠によって著しく毀損され損害を被ったとして、大王製紙の取締役に対し、平成27年12月15日付で、約88億円の損害賠償を求める民事訴訟(以下「本件訴訟」という。)を提起していた。本件リリースの内容は、北越コーポレーションの請求をいずれも棄却するという第一審判決が言い渡されたというものである。

 本件訴訟の判決文は未公表であるため事案の詳細は不明であるが、以下では、本件訴訟を題材にして、取締役の任務懈怠について検討したい。

 

(1)経営判断原則について

 北越コーポレーションは、2020年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債の発行(以下「本件発行」という。)を決議したことが、大王製紙の取締役の任務懈怠であるという主張を展開している。任務懈怠の理論構成としては、(a)本件発行が新株予約権付社債の有利発行であるにもかかわらず株主総会の特別決議を得ていないという法令違反の構成と、(b)本件発行を決議するという意思決定自体が、取締役が会社に対して負う善管注意義務に反するという構成が考えられる。

 上記のうち、(a)の場合には、法令違反があれば直ちに任務懈怠となるのに対し、(b)の場合には、任務懈怠を判断する基準として、経営判断原則の考え方が適用されることとなる。経営判断原則とは、取締役が、適切な事実認識に基づいて、通常の企業人として著しく不合理とはいえない意思決定を行った場合には、当該取締役の判断は基本的に任務懈怠を構成しない、という原則である。したがって、本件訴訟において大王製紙の取締役の任務懈怠を主張するためには、取締役の意思決定が誤った事実認識に基づいてなされていること、又は本件発行を決議するという意思決定が通常の企業人として著しく不合理であることを主張・立証する必要がある。

 この点、大王製紙は、平成27年12月16日付のニュースリリースにおいて、①本件発行の目的及び発行条件ともに合理的であること、②発行決議に至るまでの検討プロセス等において十分な議論が尽くされていること、③本件発行に際して法律事務所等の専門家から意見を取得していること等を公表している。これらの事実は、経営判断原則に照らして大王製紙の取締役に任務懈怠がないことを基礎づける事情である。

続きはこちらから

トピックスのバックナンバーはこちらから

 

(こにし・たかお)

岩田合同法律事務所アソシエイト。2012年東京大学法学部卒業。2014年東京大学法科大学院卒業。2015年弁護士登録。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>

1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>

〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表)

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

岩田合同法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所