◆SH2116◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(106)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑯岩倉秀雄(2018/10/02)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(106)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑯―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、事件拡大の原因になった情報開示の遅れに続き、報道対応のまずさについて述べた。

 情報開示の遅れだけではなく報道対応のまずさが、雪印乳業(株)の企業体質への不信感を拡大し事故を事件化した。

 例えば、6月29日の記者会見では、幹部が不遜な態度で消費者軽視の言い訳を行い、消費者の不信感を拡大し保健所との関係を悪化させた。

 7月1日の社長の記者会見では、大阪工場長が突然、バルブの内部から10円玉大の乳固形分が見つかっていたと発言、それを聞いた社長が「君、それは本当か」と顔色をなくし、最も重要な事実を社長が知らないという社内連絡体制の悪さを露呈した。

 大阪工場の営業禁止処分を受けて行った7月2日の記者会見では、バルブの洗浄頻度の質問に正確に回答できず、答えを二転三転させた。(バルブは週1回分解洗浄して中性洗剤で手洗いする規定になっていたが、実際は3週間洗浄されていなかったことが後に明らかにされた。)

 また、7月4日の大阪工場製品の回収命令と自主回収について説明する記者会見では、幹部の「黄色人種と黒人の20%は乳糖不耐症……」という発言が人種差別発言として批判され、社長が記者会見を切り上げる際に、「被害者をどう思っているか」と報道陣から詰め寄られ、思わず「私は寝てないんだ」と口走り、これが繰り返し放送され雪印乳業(株)のイメージの失墜に拍車をかけた。 

 今回は、食中毒事件後の雪印乳業(株)の対応の経緯を考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑯:食中毒事件拡大の経緯④】

1. 石川社長の引責辞任

 大阪工場全製品の回収を発表した7月6日夜、石川社長は都内で緊急会見し、一連の事件の責任を取って9月末に辞任(実際には、石川社長の入院により7月に早まった)する考えを表明した。

 専務取締役生産技術本部長、同第二事業本部長、取締役市乳生産部長も併せて辞任することとなった。

 後任社長には常務取締役東日本支社長の西紘平が昇格、大阪工場については閉鎖する意向を明らかにした。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所