◆SH2103◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(104)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑭岩倉秀雄(2018/09/25)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(104)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑭―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、コンプライアンスの重要性を社会が認識するきっかけになった、雪印乳業(株)の食中毒事件の概要について、『雪印乳業史 第7巻』を基に述べた。

 雪印乳業(株)の食中毒事件は、2000年6月27日の最初の連絡に端を発し社告の掲載、記者発表、製品の自主回収などが遅れ、最終的には有症者1万4,780人、診定患者数1万3,420人にのぼる大規模な食中毒事件となった。

 食中毒の直接の原因は、黄色ブドウ球菌の毒素であるエンテロトキシンが大阪工場製造の低脂肪乳等に混入していたためで、当初は事故の原因は、同工場の調合工程や調整乳送りラインの汚染によるものと推定されたが、その後の調査で、根本原因は大阪工場ではなく、大樹工場であったことが判明した。

 この事件により、雪印乳業㈱は社会の信頼を失い、2001年3月期連結決算の最終赤字が529億円となり、市乳8工場(大阪・仙台・新潟・東京・高松・静岡・北陸・広島)の閉鎖や1,000人の雇用調整を余儀なくされた。

 今回は、雪印乳業(株)の対応のまずさにより食中毒事件の規模が拡大した経緯を考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑭:食中毒事件拡大の経緯②】

 一般に、不祥事を発生させた企業が、社史において不祥事を詳細に記述することは少ない。それは、不祥事によるマイナスイメージを再度よみがえらせ、回復したブランドイメージを再び悪化させたくないからである。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所