◆SH2086◆簗瀬捨治弁護士インタビュー③(完) T&K法律事務所の顧問就任と若手弁護士への期待 西田 章(2018/09/12)

簗瀬捨治弁護士インタビュー③(完)
T&K法律事務所の顧問就任と若手弁護士への期待

T&K法律事務所 顧問
弁護士 簗 瀬 捨 治

(聞き手)西 田   章

 

 前回(第2回)は、簗瀬捨治弁護士が、米国から帰国して、ブレークモア法律事務所勤務を経て、常松・簗瀬・関根法律事務所を設立されて、マネージングパートナーとしては、バブル崩壊後にも関わらず、業務を発展させて、長島・大野法律事務所との統合を果たされたことや、同事務所退任後に、旧知の経営者に誘われて、オーケー株式会社の代表取締役社長にまで就任された経緯をお伺いしました。

 最終回となる今回(第3回)では、簗瀬弁護士が、40期近くも若い弁護士たちが設立した、T&K法律事務所の顧問に就任された経緯と、同事務所の採用を題材として、同事務所のパートナー3名を交えて、若手弁護士の採用と育成に関するご意見をお伺いします。

 

 

 最後に、現在、簗瀬先生が顧問を務めていらっしゃいます、T&K法律事務所についてお伺いしたいと思います。もし、可能であれば、T&K法律事務所のパートナーの先生もご同席いただければ、同時にお話をお伺いさせていただきたいのですが。

(インタビュアーからの求めに応じて、T&K法律事務所から、戸澤晃広弁護士、片岡良平弁護士および角谷直紀弁護士の3名のパートナーが同席してくださいました。)
 

 簗瀬先生は、どういう経緯でこちらの顧問に就任されたのですか。
(簗瀬) 片岡さんは、新人弁護士として長島・大野・常松に入所した際に、ぼくの同室だったんだよ。ぼくが同室者として受け入れた最後のアソシエイトだね。
 それから、ぼくは、長島・大野・常松時代から、上智大学の仲裁のワークショップを担当していますが、戸澤さんも、一緒にそのワークショップを手伝っていました。
(片岡) 簗瀬先生には、同室時代以降も、私の留学前やインドから帰国した際など節目ごとに、ランチや夕食をご一緒させて頂いて、私の現況の報告やご相談をさせて頂いたり、簗瀬先生のご経験談を伺って勉強させて頂きました。そのような関係性もあって、「長島・大野・常松を辞めて、今度、あたらしい事務所を作ります」と報告したら、簗瀬先生から「お祝いに食事でもどう」と誘っていただきました。そこで、T&Kのパートナー5人と一緒に食事をしながら、大いに盛り上がり、不躾ながら、図々しくも「ぜひ顧問になってください」とお願いしてしまいました。
(簗瀬) 彼らから声をかけてもらって、断るということはまったく考えなかったね(笑)。2000年の長島・大野・常松法律事務所の設立のときから2014年に事務所を離れるまで、事務所のチェアマン又は特別顧問として、若手の弁護士を応援してきたのですが、会社の社長を引き受けて事務所を離れてそのような若手応援の仕事がなくなっていました。T&Kで再びその機会を期待できるようになり、とてもうれしいわけです。
 そういう経緯だったのですね。T&Kは、日系企業の海外進出支援にも力を入れていますが、その点も、簗瀬先生のご人脈を活かせそうですね。
(簗瀬) ぼくは、欧米だけでなく、中国とかインドネシアとかの新興国にもよく出かけていって現地の友人も作ってきたから、T&Kがやっているアウトバウンド先の国々にも土地勘があるしね。
 若手弁護士が、大手法律事務所を飛び出してあたらしい事務所を作る、という動きについては、どう思われましたか。
(簗瀬) とても良いと思ったね。前向きですよ。リスクもあるかもしれないけど、弁護士業務をしていく上で、同僚や依頼者は、戦友みたいな存在。一緒にエンジョイする、というのが一番だと思うよ。
 大規模事務所で仕事を続けることと比較しても、でしょうか。
(簗瀬) 大きい事務所は、もうあるからね。新しい事務所を作るのは面白いと思うよ。それに、このT&Kだって、これからどこまで大きくなるかわからないから、数年後には、大手事務所と呼ばれているかもしれない。世の中は常に変わりますよ。
 T&Kのパートナーたちは、簗瀬先生に何を期待して顧問にお招きしたのでしょうか。
(片岡) 最初は、5人で始めた事務所ですが、ゆくゆくは事務所を大きくしていきたい、という想いは設立当初から抱いていました。そのためには、弁護士としての在り方もさることながら、小規模での渉外事務所の黎明期から大規模事務所の運営という全ての歴史をご存じである簗瀬先生のご知見をお借りできたら、と。
(簗瀬) ぼくらは、1987年に、4人で常松・簗瀬・関根を作ったのだから、T&Kのほうがスタート時点の規模は大きいよ(笑)。
(戸澤) 私たちの事務所では、海外案件も多く、適材適所でかつ迅速に現地弁護士を起用する必要が生じることがよくあります。簗瀬先生が外国の弁護士と豊富なネットワークをもっていらっしゃるのはありがたいです。
(簗瀬) 長島・大野・常松のような一流事務所は、海外でも同じく一流の巨大事務所と付き合うことが多かったからね。T&Kで、案件毎に、ケースバイケースで、一番適切な外国弁護士は誰だろう、と考えながら探すのも面白いよ。
 簗瀬先生ならば、あらゆる国において、小さい事務所も含めて優秀な弁護士をご存知なのですね。
(簗瀬) そんなに知っているわけないよ。知らなくても、色々と伝手を辿って探して行って、最後には適切な弁護士に辿り着く、というのがノウハウなんだよ(笑)。
 日本企業にとっても、大手の渉外事務所だけでなく、T&Kのような事務所があるのは選択肢が増えてありがたいですよね。
(簗瀬) T&Kは、パートナーの人柄が抜群にいいよね。依頼者は、「人」を見て相談に来る。「この先生だったら、本当にうちのために一生懸命に考えてくれるか?」を見定めて相談に来る。
  パートナーを何十人も抱えている大手事務所だって、実は、依頼者の信頼を得ているのは個々の弁護士だと思うんだよ(笑)。
 パートナーの先生方が、簗瀬先生から学ばれた知見を、何かひとつ教えてもらえませんか。
(角谷) ぼくが一番印象に残っている簗瀬先生からの教訓は、「依頼者が来た時に、忙しいと言って断ったら本当にダメだ。依頼者が離れていっちゃう」ということですね。まだ、開設したばかりで、仕事なんか来るかどうかもわからないときに聞いたので、その時は、ピンと来なかったのですが、いま、業務が多忙な際には、この言葉を思い出しています。
(簗瀬) クライアントにとっては、戸澤さん、片岡さん、角谷さんが、他にどんな依頼を抱えているかは全然関係ないことだからね。だから、クライアントからの相談を受ける時は、どんなに忙しくても、ゆったりした顔をして相談を聞いてあげて、一緒に、じっくり考えてあげないといけないよ。
 でも、案件が重なってしまうと、優先順位をつけて処理していかなければならなくなってしまいますよね。
(簗瀬) 案件をきちっと考えるためには、気持ちを急いてちゃダメだよね。クライアントにそれが伝わったら、相談に来てくれなくなっちゃう。どうやって、自分の気持ちを自分でコントロールするか。それは法律家として大事なことだと思うよ。
 期限が迫った仕事があっても、ですか。
(簗瀬) そう。じっくり考えることは大事だと思う。でも、仕事ばっかりになってしまうのもよくない。
 事務所は、勤務している弁護士自身にもやりがいがあると思って仲間になってもらうことが大事だから。一人でやろうとしても、いつかできなくなってしまう。事務所として、そこを乗り越えられるようなマネジメントの工夫は必要だと思う。
 どうやって依頼者を獲得するか、という点ですが、典型例としては、紛争案件を代理して、負けそうな場面から逆転して勝訴できると、依頼者の経営者からの信頼が厚くなる、と聞くのですが、そういう感覚はありますか。
(簗瀬) 紛争案件で、勝てるかどうかなんて事前にはわからないよ。「この先生にやってもらったから、仮に負けても、まぁしょうがない」と思ってもらえるほどに依頼者から信頼してもらえるかどうかがポイントですよ。
 結果を出せなくとも、依頼者の信頼を得ることができるのでしょうか。
(簗瀬) 成果は、いつも残せるわけじゃない。そんな簡単なものじゃない。ダメなときもありますよ。
 それでも、しっかり仕事をして、きちんとコミュニケーションをとっていれば、信頼を維持することはできると思います。
 望ましい結果がでないと、他の弁護士にも意見を聞かれてしまう、という方もいますが。
(簗瀬) クライアントが他の弁護士に聞きたければ、聞いてもらって全然構わない。
 でも、がんばってしっかり仕事をしていたら、あんまりそんなことは起こらないんじゃないかなぁ。ぼくはあんまりそういう経験はないけど。
 大企業の担当者の中には、「大手事務所に依頼するのは理由はいらないけど、それ以外に依頼するのは、なぜ、あえてその事務所に依頼するのか、を問われる」という悩みを抱えているとも言われますが。
(角谷) 弁護士業務の受任に際して、「評価や実績が足りなくて相談を受けられない」という不便を感じたことはありません。ただ、「所属弁護士の人数が少ないと、マンパワーのいる案件を依頼しにくい」とは言われたことがあります。
(簗瀬) 規模が大きくない、ということで受任が制限されてしまう問題はあると思う。外部事務所選びにビューティーコンテストが開催されると、小さい事務所は候補先から弾かれてしまうことがある。
 実際、常松・簗瀬・関根時代に、大規模なM&Aを受けたら、人手が足りなくて、事務所総出で、常松先生や関根先生も含めて、全員でひとつの案件に対応したことがあったが、大変だった。
(戸澤) 問題はマンパワーだけですね。それ以外では、弁護士業務をする上で、「事務所の知名度がない」という不便を感じたことはありません。大手事務所だと社内が通しやすいという話は確かに聞きますが、やはり、多くのクライアントの方は、弁護士の力量とか個人的な信頼関係で選んでいると感じます。
(角谷) イメージで言うと、「所属弁護士数が40〜50名にならないと、受けられない案件」というのはあると思います。
 アソシエイトの教育・育成については、どう考えておられますか。新卒を採用して、育てるのがよいのか、即戦力の経験者を雇うべきか、とか。
(簗瀬) 両方居ていいんじゃないかな。いい人だったら。別に、新人からアソシエイトを育てる必要もない。でも、違う事務所から来たら、しばらくは一緒によくコミュニケーションを取って、仕事をどういう風に分担するべきかは密にコミュニケーションをとることが必要だろうね。
 アソシエイトの中で、「これは伸びる」「将来、客を引き付けるようになる」というのを見分けるポイントはありますか。
(簗瀬) 本人に、色々なことへの興味・関心があって、知らないことを知ろうと努力するするかどうか、というのが大事だと思う。やる前から「この仕事は面白くなさそう」というよりも、「なんでも面白い」と思って仕事に取り組んでくれるほうが伸びる。
 早くから専門に特化してスペシャリストになるべきか、まずは、色々な事件を受けてジェネラリストになるべきか、という点については、どうでしょうか。
(簗瀬) それは考えてもしょうがないんじゃないかな。どっちでもいい。目の前にやるべきことがあったら、それを一生懸命やればいい。「どういう案件に巡り合えるか?」という運もあるから。
 それでは、T&Kのような、若い法律事務所が、今後、さらに伸びて行けるかどうかの鍵はどこにあると思いますか。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索