◆SH2080◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(100)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑩岩倉秀雄(2018/09/11)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(100)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑩―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、佐藤貢の経歴と創業時の理念である「酪連精神」について述べた。

 八雲工場脱脂粉乳食中毒事件に対する佐藤貢の対応と、2000年食中毒事件発生時の雪印乳業(株)の経営幹部の対応は、極めて対照的であった。

 佐藤貢は、創業時の困難を乗り越えてきた創業経営者で、当時の組織には「酪連精神」が組織文化に機能していたが2000年の食中毒事件発生時の雪印乳業(株)は、売上高1兆円超の業界No.1企業であったが、「酪連精神」は既に失われ佐藤の「全社員に告ぐ」も配布されなくなっていた。

 2000年の食中毒事件で辞任した石川社長の後任の西紘平社長は、創業者の一人で北海道酪農義塾(今日の酪農学園大学)創設者である黒澤酉蔵の「健土健民」(大地の健康を増進することが心と体の健康な国民を生む)の思想を創業の精神として掲げ経営再建を図った。

 黒澤酉蔵は、雪印乳業(株)の設立・発展に極めて重要な役割を果たしたカリスマ経営者だが、経営者の枠に収まらない農協運動のリーダー、政治家(衆議院議員)、社会企業家(酪連等の経営)、酪農学園大学創設者(教育者)、農本主義の思想家である。

 雪印乳業(株)の創業時の組織文化[1]を知るためには、黒澤酉蔵の足跡と思想を知る必要がある。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑩:黒澤酉蔵の足跡と思想】

 黒澤の略歴は、既に本稿(92)で触れたが、筆者は、昨年、黒澤酉蔵の思想と足跡について論考を執筆[2]しており、執筆のための調査・研究を通して、雪印乳業(株)の創業と初期の組織文化の形成には、黒澤が大きな役割を果たしていると思われたので、本稿でその足跡と思想を紹介する。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索