◆SH2064◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(99)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑨ 岩倉秀雄(2018/09/04)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(99)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑨―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、合併前の雪印乳業(株)で発生した、経営者が真摯に対応して逆に組織の信頼を高めたと言われた八雲工場脱脂粉乳食中毒事件について述べた。

 事件後、社長の佐藤貢は、八雲工場で行った訓示を「全社員に告ぐ」と題して印刷し全社員に配布、毎年の新人入社式でも配布した。

 「全社員に告ぐ」には、佐藤の組織の社会的責任に対する認識と従業員の奮起を促す想いが率直に述べられており、大企業とその子会社による品質問題が頻発している今日、経営者の事業及び危機対応に対する姿勢として業種が異なっても参考になると考え、あえて筆者による要旨を前回に掲載した。

 今回は、佐藤の経歴と創業時の酪連精神について考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑨:佐藤貢の経歴と酪連精神】

 八雲工場脱脂粉乳食中毒事件に対する佐藤貢の対応と、2000年食中毒事件発生時の経営幹部の対応(公表の遅れや社長の「寝てないんだ」発言等)は、極めて対照的である。

 それがどこから来るかは、「組織文化の変遷」という組織論上のテーマが想定されるが、これについては、後述する。

 なお、雪印乳業(株)の前身の「有限責任北海道製酪販売組合」は、煉乳会社への隷属から脱却しデンマークのように「農民の生産したものは農民自らの手で加工販売するべきだ」と主張した宇都宮仙太郎、黒澤酉蔵、佐藤善七等、酪農生産者によって、関東大震災による北海道酪農の危機を背景に、大正14年5月に設立され、その後会員が増えて保証責任北海道製酪販売組合連合会(酪連)に組織変更したことは、既述した。

 本稿では佐藤貢の経歴と酪連創業時の理念である酪連精神について述べる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。