◆SH2063◆インハウスと外部弁護士① GEジャパンGeneral Counsel(大島葉子)に聞くキャリア 西田 章(2018/09/03)

インハウスと外部弁護士①
GEジャパンGeneral Counsel(大島葉子)に聞くキャリア

GEジャパン General Counsel
弁護士 大 島 葉 子

Vanguard Lawyers Tokyo
弁護士 山 川 亜紀子

(司会)西 田   章

 

 ジャック・ウェルチがCEOの時代にGEのGeneral Counsel(以下、主に「GC」という)を務められたベン・W・ハイネマン氏の著書『THE INSIDE COUNSEL REVOLUTION: Resolving the Partner – Guardian Tension』について、経営法友会の会員有志を含む「企業法務革命翻訳プロジェクト」のメンバーによる日本語版『企業法務革命―—ジェネラル・カウンセルの挑戦』が出版されました。これを機に、日本でも、インハウス、特に、「General Counsel」(同書3頁では「弁護士資格を有する役員または役員相当クラスの企業法務責任者」と注釈されています。)の役割についての議論が活発化し始めています。

 キャリア・コンサルティングの仕事をしていると、若手弁護士から「将来は、一流企業のGCになりたい」という目標を聞くことが増えてきました。しかし、日本での実例は少なく、「一体、どういうキャリアを歩めば、GCになれるのか?」のイメージを抱きにくいことも事実です。

 そこで、GCのキャリアモデルの一つとして、今回のインタビューでは、GEジャパンのGCである大島葉子弁護士(修習51期)に、そのご経歴をお伺いすると共に、インハウスに求められる資質についての私見をお尋ねしました。また、外部弁護士に求められる経験や資質との違いを理解するために、インタビューには、大島弁護士と、司法修習でもハーバードLL.M.でも同期だった、山川亜紀子弁護士に同席していただき、そのご経歴と共に、法律事務所における採用ニーズについてもお伺いしてきました。

(山川弁護士は、英国系大手法律事務所(いわゆるマジック・サークル)のパートナーまで務められた後に、昨年、独立された訴訟(労働)弁護士です。略歴については、Vanguard Lawyers TokyoのHP(http://www.vl-tokyo.co.jp/akiko-yamakawa/)をご参照下さい。)

 以下、4回にわたり、その内容をご紹介させていただきます(2018年6月14日開催)。

 

 本日は、GEジャパンのGeneral Counselである大島葉子弁護士(51期)と、Vanguard Tokyo法律事務所の山川亜紀子弁護士(51期)を迎えて、社内と社外の弁護士に求められる資質や経験の違いを考えてみたいと思います。
 進め方としては、まず、大島さんの職歴を教えていただき、次に、山川さんの職歴を教えていただき、三番目に、大島さんが所属されるGEを念頭に置きながら、インハウスカウンセルに求められる資質や経験をお伺いし、四番目に、山川さんに、外部弁護士に求められる資質や経験をお伺いしたいと思います。
 それでは、まず、大島さんの略歴を教えていただけますか。


 司法修習(51期)を終えた後に、1999年4月から、アンダーソン・毛利法律事務所に入所し、アソシエイトとして勤務しました。4年目(2003年)の秋から、米国のロースクール(ハーバードロースクールのLL.M.)に留学し、翌年から、Cleary GottliebのNYオフィスで働きました。


 Clearyでのポストは、日本の所属事務所からの出向という形なのでしょうか。それとも、大島さんがご自身で見つけられたものですか。


 1年目は、アンダーソン・毛利の事務所に籍を置いたままの出向でしたが、2年目にClearyに移籍しました。ただClearyのポスト自体は、私が個人的にコンタクトをとって働かせてもらうことになりました。


 日本人でありながら、NYの一流ローファームで米国法弁護士として仕事を務めておられた、というのは、ドメスティックな弁護士からすれば、憧れてしまいます。そして、ClearyからGEに転職されたのですか。


 ご縁に恵まれました。Clearyで勤務した4年目の2006年末に、GEの日本でのポストに転職して帰国しました。GEは今年で12年目になります。


 「ローファームのNYオフィス」から「グローバル企業の東京オフィス」に転職されたのですね。米国から日本に戻るという方向の中でのキャリア選択だったのでしょうか。


 NYでは面白い仕事をさせてもらえたと思っています。M&Aやファイナンスは、日本でも担当していた業務分野ではありましたが、ファンド組成やリストラクチャリングなどに携わる機会にも恵まれ、プラクティスとしてはNYのほうが進んでいる面もあり、知的好奇心が満たされる仕事でした。


 とすれば、転職は、日本に戻ることよりも、生活スタイルを変えたい、ということがきっかけになったのでしょうか。


 ワークライフバランスを考えたら、「最先端のプライベート・プラクティスを一生続けて行きたいか?」というと、自信を持てませんでした。またこのままNYロイヤーとして続けていたら、日本で社会人として機能しなくなるのではという不安も出てきました。NYでの仕事自体は面白かったので、将来的には、再び米国に戻ることも考えて、米国とのつながりが深い会社でのインハウスのポストに漠然とした興味を持つようになりました。


 日本に戻って転職活動をされたわけではないのですね。


 はい、NYで、リクルータからお声がけいただき、GEの方とカジュアルにお会いしていくうちに、GEで働くことに対する興味が高まり、また、会社からもオファーをいただけたので、転職を決意しました。


 インハウスに行くのであれば、他にも会社はたくさんあると思うのですが、GEを選ばれた決め手は何だったのでしょうか。


 GEのグローバル・リーダー達にお会いすることで、GEで働くことへの興味が高まりました。また、GEは「会社にローファームに勝るとも劣らぬ強いリーガル・チームがあり、またリーガルが重視されている」という点も大きな魅力でした。


 やはり、GEは他社に比べても、リーガルが重視される度合いが大きいのですね。


 他の会社を実際に受けたわけではないので、具体的に見比べたわけではありません。ただ、リーガルが意見を言っても最終的にはビジネス判断でそれを無視することができる会社の話も聞いたことがあります。しかし、入社前GEのリーガルの同僚から、「自分は、自分のインテグリティを損なうようなプレッシャーを受けて仕事をしたことは一度もない」という力強い言葉を聞けたことで、インハウスに転向するという決断をするための背中を押してもらえました。


 ローファームから、インハウスに移行すると、実際の仕事の進め方は大きく変わるものなのでしょうか。すでに、日本の法律事務所から米国の法律事務所に移籍されており、仕事のスタイルを変えることには慣れておられたかもしれませんが。


 日本の法律事務所からNYの法律事務所へと職場を変えたことにより、使用言語は、日本語から英語に変わりましたが、アソシエイトだったこともあり、仕事の内容自体は、リーガルのロジカルな思考方法という点で変わりはありませんでした。アンダーソン毛利で育ててもらい経験を積んだからこそClearyにも移籍でき、仕事についていけたのだと思います。ただ、丁度ブラックベリーがロイヤー全員に配布された年で仕事のスピードはNYの方が速く、また仕事の山と谷の波の差も大きかったです。
 仕事の進め方は、むしろ外部弁護士からインハウスへのほうが、大きく変わりましたね。


 どのような違いがあったのでしょうか。


 同じ日本語でも言語が違うというのでしょうか? 営業、広報、人事、財務等全く違った切り口から物事を見ている人達と働く中、簡潔で平易な説明がより求められるようになりました。また、外部弁護士としては、例えばM&Aでは事務所内部での専門化とのすり合せは結構あっても、クライアントの窓口は基本ひとつか少数なので、そことやりとりすればよかったのですが、インハウスになると、予め話をして擦り合わせなければならないファンクションの数が多くなります。テーマに関連する社内部署のそれぞれと擦り合わせをしなければなりません。また物事の重大さによりアジアレベル、グローバルレベルでの話が必要となってきます。


 社内の他部門との調整とは、面倒臭いものなのでしょうか。それとも、そこにも仕事のやりがいがあるのでしょうか。


 GEは「リーガルを戦略的な部署」として位置づけている会社なので、単に法律専門家というだけでなく、経営スタッフの一員としての発言を期待されています。そして、その役割にはやりがいを感じています。ビジネスのマネジメントの一員としての貢献が期待される面白さは、外部弁護士では感じることができない面白さだと思います。


 ただ、インハウスに移って「良いこと」ばかりではないですよね。外部弁護士のほうがよかったな、と思う点があれば、教えて下さい。


 そうですね、法律の細かい点まで含めて完璧主義を求めることはできなくなります。一流のローファームのように、論点を100%調べ尽くす、非の打ち所のない意見書を作成するという仕事の進め方は求められていません。70%、80%のことがわかれば、大体の感触で判断してスピードを重視して仕事を先に進めることのほうが多いです。
 最初は、つい、ローファームで働いている感覚で、なんでもかんでも、すべて細かいところまで可能な限り完璧に仕上げたい誘惑にもかられたのですが、敢えて、その感覚を捨てたところもあります。
 また、弁護士同士では基本同じ思考回路と言語ゆえそこまで深く考えずにできていた内部での説明も、会社に入ってから聞き手が関心を持っていること、聞き手に短時間でポイントを絞って理解してもらえる形でする必要があり、鍛えられました。


 インハウスになるリスクとして、「クライアントがひとつに限られてしまう」という点も指摘されますが、その点はいかがでしょうか。

 

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)