◆SH2058◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(98)雪印乳業㈱グループの事件を組織論的に考察する⑧ 岩倉秀雄(2018/08/31)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(98)

―雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑧―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、北酪社の分割後の事業活動と再合併による新生雪印乳業(株)の誕生について述べた。

 北酪社は、昭和23年、過度経済力集中排除法の指定を受け、昭和25年、北海道バター(後のクロバー乳業)と雪印乳業に分割された。

 各社は、都市部の牛乳・乳製品需要の増大、国の酪農振興法制定による酪農産業の急速な成長を背景に、役員の充実、業務機構の整備、工場設備の近代化、販路拡大等により量産体制を整備し、積極的に道外に進出した。

 そして、昭和33年11月1日両社は再合併し、新生雪印乳業(株)(取締役社長佐藤貢となった。

 合併後の雪印乳業(株)は、弱体であった市乳事業の拡張に全力を傾注し都府県の地方都市へ進出した結果、同社の市乳生産量はめざましく増加した。

 今回は、合併前の雪印乳業(株)で発生した、経営者が真摯に対応して逆に組織の信頼を高めたと言われた八雲工場脱脂粉乳食中毒事件について考察する。

 

【雪印乳業(株)グループの事件を組織論的に考察する⑧:八雲工場脱脂粉乳食中毒事件】

1. 事件の概要

 昭和30年3月1日、東京都内の小学校9校で、八雲工場製造の脱脂粉乳の給食を原因とする食中毒事件が発生した(摂食者7,638人中、患者1,579人)。

 3月3日、東京都は給食で配られた脱脂粉乳から多数の溶血性黄色ブドウ球菌を検出したことを発表した。

 黄色ブドウ球菌の発生原因は、最新鋭の輸入粉乳製造機の特殊ベルトが切れて補充に時間を要し、さらに停電事故が重なったことで、原料乳あるいは半濃縮乳が粉化前に長時間放置され、菌が増殖したものと推定された。(2000年発生の食中毒事件と類似)

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。