◆SH2036◆オリンパス、損害賠償請求訴訟の和解成立 柏木健佑(2018/08/22)

オリンパス、損害賠償請求訴訟の和解成立

岩田合同法律事務所

弁護士 柏 木 健 佑

 

1 はじめに

 オリンパスは、同社の損失計上先送り問題による有価証券報告書等への虚偽記載により発生した損害の賠償として信託銀行6社から合計約279億円を請求されていた訴訟につき、約190億円の解決金の支払いを行う内容の裁判上の和解が成立したことを発表した。

 オリンパスに対しては、本件を含めて虚偽記載による損害の賠償を求める訴訟が多数提起されており、項で触れる公表裁判例を含め、判決に至った訴訟も存する。本件について公表情報から把握できる内容は限られるが、今般の和解は、オリンパスに対する当該判決も含めた有価証券報告書等の虚偽記載に係る先行事例を踏まえたものと推測されることから、この機会に、同社に対する判決を含め、有価証券報告書等の虚偽記載に係るこれまでの主な裁判例について概観する。

 

2 オリンパス虚偽記載事件に先行する主な最高裁判決

(1) 西武鉄道事件最高裁判決[1]

 本件は、有価証券報告書等における大株主の保有株式数に虚偽記載があった事案につき、投資家らが不法行為に基づく損害賠償請求を行った事案であり(本件は金融商品取引法(以下「金商法」)適用前の事案)、虚偽記載による損害額についてのリーディングケースである。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(かしわぎ・けんすけ)

岩田合同法律事務所パートナー。2005年東京大学法学部卒業。2007年弁護士登録。ファイナンス関連業務を中心に多様な企業法務を取り扱う。主な著作・論文として、『CFOのための想定問答集』(共著 旬刊経理情報1344号 2013年)、『アブラハム・プライベートバンク事件などを踏まえた投資助言業務の分析』(共著 旬刊商事法務2019号 2013年)。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>

1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>

〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表)

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
岩田合同法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所