◆SH1993◆法律文書の読解入門(4)―優越的地位濫用と確約制度 白石忠志(2018/07/25)

法律文書の読解入門(4)

優越的地位濫用と確約制度

東京大学教授

白 石 忠 志

 

 独禁法2条9項5号に違反する優越的地位濫用行為が行われた場合に、排除措置命令において相手方の不利益相当分を相手方に返金することを命じ得るか、という議論があります。例えば、納入業者と大規模小売業者との間で納入代金100万円という約定があったにもかかわらず大規模小売業者が90万円しか支払わないという減額行為があった場合に、納入業者に10万円を返金するよう大規模小売業者に対して命じ得るか、という問題です。公取委はこれまで、このような命令をしてきませんでした。

 命じ得ない、という立場からは、排除措置命令というものは、過去には関係なく、現在の違反行為を取りやめさせ、再発を防止するためのものであって、過去の違反行為の処理とは関係ない、などの主張がされます。カルテルで価格が上がっていたからといって、カルテルに対する排除措置命令において価格が高くなった分の返金を命じたりはしないのと同じである、ということでしょうか。

 他方で、命じ得る、という立場からは、返金をしない限り違反行為は継続しており違反行為を取りやめたことにならない、という主張や、排除措置命令においては不利益状態の是正もすべきである、という主張などがされます。

 本稿は、この問題を解決することを目的としていないので、これ以上に詳しくは論じません。

 最近、公取委が公表した確約手続対応方針のパブコメ案に、興味深い記載がありました。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(しらいし・ただし)

東北大学助教授、東京大学助教授を経て現職。著書として『独禁法講義 第8版』(有斐閣、2018)、『独占禁止法 第3版』(有斐閣、2016)、『独禁法事例集』(有斐閣、2017)などがあるほか、景表法の不当表示規制に関する体系的解説「景品表示法の構造と要点」をNBL1043号~1063号(奇数号のみ、2015)において連載した。