◆SH1985◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(90)―スポーツ組織のコンプライアンス⑧ 岩倉秀雄(2018/07/24)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(90)

―スポーツ組織のコンプライアンス⑧―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、スポーツ組織のガバナンス改革について、これまでの考察の続きを述べた。

 一般に、スポーツ組織は、コンプライアンスや経理面の管理がずさんになりやすいので、経理処理ルールを明確化して組織内に周知徹底し、厳格に運用する必要がある。組織の規模によっては、公認会計士や監査法人等専門家による監査・報告を義務付けるべきである。

 また、スポーツ組織は、派閥中心で内向きになりやすいので、情報開示を積極的に行うとともに、内部監査及び監査体制を充実させ、活動に対する社会の理解と信頼を得る必要がある。

 今回は、これまでの考察をまとめる。

 

【スポーツ組織のコンプライアンス⑧:これまでの考察のまとめ】

 スポーツには、人々をポジティブにし達成感や感動を共有する素晴らしい面がある一方、選手、指導者、競技団体役員は「不正のトライアングル(動機、機会、正当化)に巻き込まれやすく、組織には、内向き、派閥中心、自由な発言の封殺、人権侵害、情報隠蔽、暴力肯定、金銭管理の不透明、外部の働きかけによる組織混乱、不祥事対応の遅れ等、のマイナス面がある。

 本稿は、国際的に民主的な組織運営が求められているにもかかわらず、近年、我が国のスポーツ組織に不祥事が多発していることを踏まえ、スポーツ界の発展を願い、スポーツ組織のコンプライアンス(倫理、法令順守)強化の方向について考察・提言した。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。