◆SH1971◆最二小判 平成30年2月23日 建物根抵当権設定仮登記抹消登記手続請求事件(鬼丸かおる裁判長)

 抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合における当該抵当権自体の消滅時効

 抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合には、民法396条は適用されず、債務者及び抵当権設定者に対する関係においても、当該抵当権自体が、同法167条2項所定の20年の消滅時効にかかる。
(補足意見がある。)

 民法167条2項、民法396条、破産法253条1項本文

 平成29年(受)第468号 最高裁平成30年2月23日第二小法廷判決 建物根抵当権設定仮登記抹消登記手続請求事件 上告棄却

 原 審:福岡高裁平成28年11月30日判決
 原々審:福岡地裁平成28年7月27日判決




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所