◆SH1936◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(83)―スポーツ組織のコンプライアンス① 岩倉秀雄(2018/06/29)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(83)

―スポーツ組織のコンプライアンス①―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、企業グループのコンプライアンスにおける対境担当者の役割と情報開示について述べた。

 企業グループのコンプライアンスでは、経営トップやコンプライアンス担当役員監査役、内部監査部門、経営企画・管理部門、人事部門、総務部門等による多義的情報の伝達や、コンプライアンス担当部署同士の密接な双方向コミュニケーションが重要である。

 情報開示は、企業(グループ)が社会の期待と要請にどう応えているかを示す重要な戦略的取組みであり、最近は、IRやCSR報告書、環境報告書の他に、組織が中長期的にどう企業価値を生み出そうとしているかを示す統合報告書の作成が注目されているが、その作成には組織横断的取組みが必要である。

 今回から、数回にわたり、最近話題になっているスポーツ組織のコンプライアンスについて、組織論と経営倫理の視点から経験を踏まえて考察する。

 

【スポーツ組織のコンプライアンス①:問題認識とスポーツ界のリスク】

1. 問題認識

 筆者が本稿を執筆しているのは、サッカーワールドカップ・モスクワ大会で、日本代表チームが下馬評を覆してコロンビアに勝利し、日本中が大いに盛り上がっている時である。

 しかし、少し前までは、日本相撲協会の暴力問題、日本レスリング協会のパワーハラスメント問題、日大アメリカンフットボール部の危険タックル問題等、スポーツ界の不祥事が相次ぎ、週刊誌やTV、新聞等、メディアは、スポーツ組織の対応のまずさに、社会的非難を集中していた。

 ワールドカップが終われば、メディアの関心は、再びスポーツ組織のコンプライアンス問題に戻ってくるかもしれない。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索