◆SH1908◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(79)―企業グループのコンプライアンス⑫ 岩倉秀雄(2018/06/15)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(79)

―企業グループのコンプライアンス⑫―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、企業グループのコンプライアンス・アンケートの留意点について述べた。

 コンプライアンス・アンケートは、無記名で行い、その末尾に自由記入欄を設け、密封して現場のコンプライアンス実行組織ごとにまとめ、結果をフィードバックし、必要により改善を求める。また、アンケート結果の経年変化を追うだけではなく、問題が発見されたら、問題発生現場の長と密接に連携し、直ちに問題解決に動くことが重要である。

 また、そのデータは内部監査部門や監査役と共有し、内部監査や監査役監査時の確認・検証にも活用するべきである。

 今回から、複数回にわたり、企業グループの従業員相談窓口の在り方について考察する。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所