◆SH1867◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(74)―企業グループのコンプライアンス⑦ 岩倉秀雄(2018/05/29)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(74)

―企業グループのコンプライアンス⑦―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、組織間関係の調整メカニズムについて述べた。

 組織間関係の調整メカニズムは、組織が自らの目標を達成するために、他組織との依存関係を処理、管理する機構である。

 企業グループの調整メカニズムは、互いに自主性を保持しながら協力を通じて組織間の相互依存に対処する「協調戦略」であり、それには、(1) 規範の形成(暗黙の了解)、(2) 契約・協定、(3) 役員の受入れ・兼任、(4) 合弁、(5) アソシエーション等がある。

 生活協同組合や農業協同組合の連合会等は、連合体の中心組織と会員との経済的結びつきが強くかつ会員の独立性が強い。そこでは、中心組織は会員組織に対して、連合体全体の利益(含コンプライアンスの徹底)が、中長期的には自組織の利益にもつながるという確信を持たせること(相利共生のメカニズムの形成)が重要である。

 今回は、組織間文化と組織の組織について、考察する。

 

【企業グループのコンプライアンス⑦:組織間文化と組織の組織】

1. 組織間文化

 組織と組織の間にも、組織内と同様に組織間の価値や行動様式を決める組織間文化が形成される。

 組織間文化は、どのような基準で行動するべきかを決める組織間の「行動規範」でもあり、コンプライアンスの浸透・定着をグループで進める場合には、コンプライアンス重視の組織間文化を形成することが、組織内における場合と同様に重要である。

 一般に、組織間文化の機能と特性は、次の通りである。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。