◆SH1831◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(6・完) 木南直樹(2018/05/14)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(6・完)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 前回(第5回)は、木南直樹弁護士が、独立して木南法律事務所を設立されて、仕事自体は順調であったものの、事務所を永続したものにしていくために「弁護士の採用」という壁にぶつかり、そこに、欧州系のインターナショナル・ローファームから、外弁法の改正で認められたばかりの「特定共同事業」の誘いを受けた経緯をお伺いしました。最終回である今回は、木南弁護士が、フレッシュフィールズの東京オフィスの代表を退いた後の充電期間を経て、今回、Vanguard Tokyo法律事務所において、新たに金融法実務を始動された目的をお伺いします。

 (聞き手:西田 章)

 

(問)
 見ず知らずの外国事務所の傘下に入ることへの心理的な抵抗はなかったのでしょうか。

  1.    見ず知らずということはありません。私を誘ってくれたのは、修習生時代に、田中・環・西法律事務所の渉外部門に応募した際に、面接をしてくれた、元クデール・ブラザーズのチャーリー・スティーブンス弁護士でしたから。むしろ、人のご縁を感じました。

 

(問)
 チャーリー・スティーブンス弁護士はクデールからフレッシュフィールズに移籍していたのですか。

  1.    チャーリー・スティーブンス弁護士は、クデールのアジア・プラクティスチームのヘッドをしていましたが、そのチームに属していたかなりの弁護士がフレッシュフィールズに移籍していました。
  2.    クデールは、もともと、欧州・アジアの企業のアメリカ国内での業務を取り扱うとともに、アメリカの国内法律事務所を紹介元として、そのアメリカ企業の依頼者のアメリカ国外での案件を受注するビジネスモデルを展開していました。しかし、アメリカ企業が大きくグローバル展開をするという時代の流れを受けて、アメリカの名門大手法律事務所の多くが、自前の海外オフィスを持つようになったために、前述のようなビジネスモデルを採用していたクデールの希少価値は相対的に薄れてしまったのです。

続きはこちらから

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)