◆SH1828◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(5) 木南直樹(2018/05/11)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(5)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 前回(第4回)は、木南弁護士が、米国の法律事務所のNYオフィスでの研修経験を踏まえて、「ファイナンス・ロイヤーとして生きていく」という明確な意志を持って帰国され、1980年代の政府の施策を背景に、円の国際化が広がる中で、海外向け円建てローンの第1号案件等を手掛けられていくことで、仕事を広げて行かれた経緯をお伺いしました。今回(第5回)は、木南弁護士が、金融法務のプラクティスが順調に発展する中で、事務所の独立を決意した経緯などをお伺いします。

 (聞き手:西田 章)

 

(問)
 クデールのNYオフィスの研修中には、航空機ファイナンスを担当されたとお聞きしましたが、その分野はいかがでしょうか。

  1.    私自身は、航空機ファイナンスに特化したわけではありませんが、日本の税法上のメリットを利用した航空機レバレッジファイナンスの仕事を通じて、英国系大手法律事務所の一つであるフレッシュフィールズの航空機ファイナンスチームから、継続的に依頼を受けるようになりました。私とフレッシュフィールズとの関係はこのころから始まります。

続きはこちらから

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)