◆SH1826◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(69)―企業グループのコンプライアンス② 岩倉秀雄(2018/05/11)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(69)

―企業グループのコンプライアンス②―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、企業グループのコンプライアンスについて、組織間関係論をベースに筆者の問題認識と考察の視点について述べた。

 親会社は、子会社のコンプライアンス違反によりグループ企業全体の価値が棄損するのを避けるために、(海外を含む)子会社に対するコンプライアンスの浸透・定着を徹底する必要がある。

 その場合、グループ共通の価値観や信念であり子会社の組織行動に影響を与える「組織間文化」(組織間における神話、儀礼、言語のほかに、経営会議や各種委員会への参加など公式のコミュニケーションシステム、経営者同士の個人的関係や対境担当者同士の業務行動などにより発生する)に働きかける視点が重要である。

 今回は、子会社の規模や経営状況による対応の違いについて考察する。

 

【企業グループのコンプライアンス②:子会社の規模や経営状況による対応の違い】

 親会社は、子会社にコンプライアンスを浸透・定着させる場合、子会社の実態を踏まえずに、親会社が実施する施策を一律に子会社に適用しがちである。

 しかし、子会社自身も、それぞれの業界で培った独自の業務の進め方を持っており、親会社から与えられた単一のコンプライアンス・プログラムに従って受身的に活動したとしても、有効なコンプライアンス活動は望めない。

 したがって、既述したように、子会社の実態を踏まえたグループコンプライアンス施策の設定が重要である。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所