◆SH1824◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(4) 木南直樹(2018/05/10)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(4)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 前回(第3回)は、木南直樹弁護士が、米国のジョージタウン大学のロースクールのLL.M.に留学されて、統一商法典(UCC)を学んで、法令のユーザーフレンドリーな分かりやすさに驚きを覚えたことや、卒業後に(まだ外国人弁護士が受験することが珍しかった時代における)NY州司法試験受験の苦労話などをお伺いしました。今回(第4回)は、米国の法律事務所のNYオフィスでの研修時代のお仕事の様子と、日本に帰国されてから、どのような金融法務・渉外法務に携わって行かれるようになったかについてお伺いします。

 (聞き手:西田 章)

 

(問)
 次に、NYでの研修の様子についてお伺いしたいと思います。海外研修では、お客さん扱いされ、時間をもてあます日本人弁護士も少なくないと聞きます。木南先生は、クデールのNYオフィスでは、実働をなされていたのでしょうか。日本人弁護士が携われるような日本企業の案件はあったのでしょうか。

  1.    私は、幸運にも、様々な案件に関与させてもらいました。たとえば、アジアの航空会社が、アメリカの航空機メーカーから航空機をまとめて購入するための航空機ファイナンス案件がありました。日本企業は関わっていませんが、購入した飛行機が日本への航路にも使われるために、日本法が関わってきます。つまり、買主・借入人である航空会社にデフォルトが発生した場合に、どうやって債権者である銀行団が日本で対象物たる航空機を差し押さえるのか、という法律問題を検討しなければなりませんでした。もちろん、クデールのNYオフィスには日本法の文献がありませんので、東京の事務所(田中・高橋)と連絡をとって、リサーチをしたことを覚えています。
  2.    これ以外にも、アメリカの製鉄会社のM&Aなどにも関与させていただくことができたので、研修中に暇をもてあますということはありませんでした。

 

(問)
 研修時のご経験は、その後のキャリアにも役立っていますか。

  1.    私がNYオフィスで研修していた頃に一緒に仕事をした東アジアチームのアメリカ人アソシエイトたちの多くは、その後、クデールを離れて他の法律事務所や企業、国際機関に移り、相応のポストに付いて活躍するようになりました。こうして人脈も広がりました。

 

(問)
 それでは、研修を終えて、日本に戻ってこられてからの仕事の様子をお伺いしたいと思います。留学から戻る時には「ファイナンスロイヤーとして生きていく」という専門分野を固められたのでしょうか。

  1.    はい、留学前、前述のジョージ・シェンク弁護士と東京の金融市場で芽吹き始めていた国際金融業務に携わり、将来は国際金融業務を専門とするファイナンスロイヤーになってみたいという漠然とした希望を抱いて留学に臨みました。クデールのNYオフィスでの研修で航空機ファイナンス案件にも関わったりして、「やっぱりファイナンスロイヤーになろう」というかなり明確な意志をもって帰国しました。
  2.    帰国した時には、田中・高橋では、クデールからアメリカ人のアソシエイトが来ていて、NY法準拠の船舶ファイナンスも取り扱っていました。

続きはこちらから

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)