◆SH1821◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(3) 木南直樹(2018/05/09)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(3)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 前回(第2回)は、木南直樹弁護士が、田中・高橋法律事務所に入所されてから、米国人弁護士と英語で濃密な議論を繰り返すことにより、オン・ザ・ジョブで、国際金融法務の基礎を身に付けていかれた経緯などをお伺いしました、今回(第3回)は、木南弁護士から、米国留学とNY州司法試験の受験の経緯などをお聞きします。

 (聞き手:西田 章)

 

(問)
 それでは、次に、留学についてお伺いしたいと思います。田中・高橋には、当時からアソシエイトの留学制度があったのでしょうか。

  1.    当時の田中・高橋は創設して間もない事務所です。両先生からは「そのうち留学は行ってもらう」とは言われていましたが、留学制度と呼べるようなはっきりとしたものはありませんでした。

 

(問)
 木南先生が入所された後に、田中・高橋で留学制度を作る必要性が生じたのですか。

  1.    そういうことになります。ただ、留学については、不明確な点を残しながら、事が進んでゆくといった経過をたどりました。

 

(問)
 事務所が忙しくなる中で、アソシエイトを留学に出すのも大変ですよね。

  1.    私の弁護士登録1年目に、田中和彦弁護士は、アメリカの大手化粧品メーカーの顧問を引き受けることになり、その対応のために、留学帰りの23期の井上章子弁護士を中途採用しました。2年後には、29期の渥美博夫弁護士(現在は、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業所属)も新人弁護士として勤務を開始しました。また、30期の採用も決まり、次第に陣容が整っていきました。

続きはこちらから

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)