◆SH1817◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(2) 木南直樹(2018/05/08)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(2)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 前回(第1回)は、木南直樹弁護士が、東京大学法学部在学時代に、伊藤正己ゼミ(英米法)の先輩から「渉外弁護士」という職業の存在を教えられて、「渉外弁護士」を目指して司法試験を受験された経緯などをお伺いしました。今回(第2回)は、木南弁護士が、司法試験合格後に、米国系のインターナショナル・ローファームと提携していた田中・高橋法律事務所に入所されて、渉外法務の基礎を身に付けていかれた経緯をお伺いします。

 (聞き手:西田 章)

 

(問)
 司法試験に合格されても、裁判官や検察官への志望は湧きませんでしたか?

  1.    司法試験に合格したので、以前から考えていたとおり、クデール・ブラザーズの提携先である、田中・環・西法律事務所を訪問しました。前期修習の時期だったと思います。アポなしの飛込みです。虎ノ門にあった小さなビルの5階を訪ねたところ、「それは上の階です」と言われて、6階に伺ったことを覚えています。その6階部分が田中・環・西法律事務所の渉外部門のオフィスでして、事務所創設者、田中治彦弁護士の子息、田中和彦弁護士(16期)と、同期の高橋勲弁護士(16期)とが執務をされていました。田中・高橋両弁護士とも、「クデール」という情報から同事務所に辿り着いた私の訪問にはとても驚かれていましたが、丁寧に対応して頂き、親切にお話をして下さいました。

 

(問)
 そのまますんなりと採用が決まったのでしょうか?

  1.    当時、田中弁護士と高橋弁護士は、渉外部門を立ち上げたばかりで、新人弁護士の採用はまだ考えていなかったと思います。それでも、「提携関係にあるクデールには、チャーリー・スティーブンスというニューヨーク弁護士がいる。まだ30歳になったばかりの若さだが、クデールでアジアグループを立ち上げ、香港やシンガポールのオフィスも統括しているので、今度、日本に来たら会ってみなさい」と提案してくれました。
  2.    それから、半年くらい経ったころ、高橋弁護士から電話があり、「チャーリー・スティーブンスが今、日本にいるので会ってみないか?」と言われて、その翌日ステイーブンス氏と会うことになりました。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)