◆SH1811◆インタビュー:一渉外弁護士の歩み(1) 木南直樹(2018/05/07)

インタビュー:一渉外弁護士の歩み(1)

Vanguard Tokyo法律事務所

弁護士 木 南 直 樹

 

 インタビュー企画の第1弾は、民事手続法の研究者である伊藤眞教授にお話をお伺いしました。次は、実務家の観点からも、新しい分野を切り拓いて来られた先輩の体験談をお伺いしたいと考えて、我が国法曹界における「国際金融法務」の第一人者である、木南直樹弁護士(1975年弁護士登録)にお願いしたところ、ご快諾をいただくことができました。

 木南弁護士は、田中・高橋法律事務所にて、日本初の「インターナショナル・ファイナンス・ロイヤー」としてご活躍されるだけでなく、インターナショナル・ローファームの東京オフィスの代表弁護士を長年務めておられました。そして、数年の充電期間を経て、昨年、再び、日本の法律事務所(Vanguard Tokyo)に参画して金融法実務に復帰なされました。

(木南弁護士の略歴については、Vanguard Tokyo法律事務所のHPをご参照下さい。)

 そこで、木南弁護士に、日本の弁護士業界において「国際金融法務」の実務がどのようにして出来上がってきたのかを中心にお伺いした上で、今、日本のリーガルマーケットでどのような金融法務のプラクティスが求められているのかをお聞きしました(2018年3月16日開催)。以下、6回にわたり、インタビューの内容をご紹介させていただきます。

 

(問)
 木南先生は、1975年に司法修習(27期)を終えて弁護士登録をなされていますが、渉外弁護士を目指したのはいつ頃からなのでしょうか?

  1.    私は、当時としては珍しく、「渉外弁護士になりたい」という目標を掲げて、司法試験受験を決意しました。

 

(問)
 それは珍しいですね。ご経歴からすると、木南先生は、1973年に東大法学部をご卒業なされていますが、東大紛争の時期でしょうか?

  1.    はい、医学部紛争に端を発したいわゆる東大紛争は、私が入学した年の一学期には教養学部の無期限ストに発展し、全学的に拡大していきました。その影響で、翌1969年は、史上初、そして唯一、東大入試がなかった年です。研修所同期で、フレッシュフィールズでも、今の事務所でも同僚の岡田和樹弁護士は東大を受験できなかった学年です。

 

(問)
 先生もストに参加されていたのでしょうか?

  1.    ストに至る経緯や背景を本当に理解していたかどうかは自信がないのですが、当時の大学側の対応や姿勢には私も違和感を抱いていたので、駒場の無期限ストには賛成票1票を投じました。ただ、集会などの活動に積極的に参加したわけではなく、実際には、友人たちと雀荘に通う毎日でした(笑)。当時、学内の動きには脇目も触れず、まじめに図書館に通っていた同級生のなかには、大蔵省に入省して出世した人もいましたね。

(問)
 大学時代に特に力を入れて受けていた授業やゼミはありましたか?

  1.    ストのせいで、スト明け後は1学年を9ヵ月で終わらせるというスケジュールで授業が進んでいきました。そのため、私たちの学年は「秋休み」を知りません。
  2.    ゼミは本郷に行ってからのことで、各学期単位です。刑法の藤木英雄ゼミと平野龍一ゼミ、そして、英米法の伊藤正己ゼミを二回とりました。この伊藤正己ゼミ参加が「渉外弁護士」を目標とするきっかけとなりました。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)