◆SH1782◆債権法改正後の民法の未来23 役務提供契約(3) 橋田 浩/宇仁美咲(2018/04/19)

債権法改正後の民法の未来 23
役務提供契約(3)

橋田法律事務所/  岡本正治法律事務所

弁護士 橋 田   浩/弁護士 宇 仁 美 咲

 

3 議論の経過

(1) 役務提供契約

 (ウ)役務提供型の新たな典型契約を設けることに対しては、情報や交渉力等において役務提供者側が強い立場にある契約、弱い立場にある契約、当事者間に差がない契約等があり、このうち雇用類似の役務提供者側が弱い立場にある契約については、当初の段階から、任意解除権の規律などで問題が生じることが指摘され、弱い立場にある役務提供者の保護を図る必要があることに留意すべきとの意見が述べられ(第17回会議議事録)、こういった点についても議論が重ねられました。

 (エ)以上のとおりの議論がなされましたが、前記の①~③のいずれも十分な支持が得られるには至りませんでした。

 そこで役務提供契約についての提案がなされた原点、すなわち、準委任に関する規定が役務提供型の契約一般に妥当する内容となっていないという点に立ち返り、準委任の規定をこれにふさわしいものに改めるという考え方が現れました(部会資料57、民法(債権関係)の改正に関する中間試案の補足説明502頁)。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(はしだ・ひろし)

   

橋田法律事務所

昭和60年3月中央大学法学部法律学科卒業、平成3年4月弁護士登録(大阪弁護士会)、平成9年4月橋田法律会計事務所開設、平成13年9月橋田法律事務所に改組、公益財団法人交通事故紛争処理センター大阪支部嘱託(平成19年~25年)、平成29年4月より大阪府建設工事紛争審査会特別委員。

共著書に『実務解説 民法改正』(民事法研究会)、『実務解説 債権法改正』(弘文堂)、『Q&A会社のトラブル解決の手引』(新日本法規)ほか

 

(うに・みさき)

関西学院大学法学部卒業。大阪弁護士会。国土交通省「民法改正に対応した不動産取引に係る契約書等に関する検討会」委員、「社会資本整備審議会産業分科会不動産部会」臨時委員等。

著書等『不動産売買の紛争類型と事案分析の手法』、『マンション管理適正化法の解説』、『詳解不動産仲介契約』、『逐条解説宅地建物取引業』、『不動産事業者のための障害者差別解消法ハンドブック』(いずれも岡本正治弁護士と共著、大成出版社)など。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索